神経細胞が死滅 障害「片麻痺」とは

今回は「片麻痺」を取り上げます。
脳卒中の回復後などに、残る障害です。
現在は脳卒中の治療技術が進歩したので、発症後すぐに対処できれば障害は軽くて済みます。
しかし、独居などで倒れてしばらくしてから発見されたような場合、重篤な障害が残ることがあります。
脳はたくさんの神経細胞の集まった臓器であるため、血管が多く張り巡らされています。
そこに亀裂や詰まりが発生すると、血管内で栄養や酸素を運んでいる神経細胞群が死滅してしまい、片麻痺を引き起こします。
より心臓に近い太い血管で問題が発生するほど、障害は重篤です。
血管の出血やつまりは薬や手術で止めることができますが、死滅してしまった神経細胞を生き返らせることはできません。
なんと、この脳の神経細胞は、みなさんが「おぎゃー」とこの世に生まれてから、死ぬまで同じものを使い続けるしかないのです。
死滅してしまった神経細胞は、皮膚や爪のように再生することはありません。
一方で生きている神経細胞は、枝を伸ばすことはできます。
死滅した細胞が少しで、周りに生きている神経細胞がたくさんあれば、適切な刺激を加える治療をすることで死滅してしまった細胞が担っていた機能を他の細胞が担えるように成長させられます。
適切な刺激が必要であるため、リハビリテーションでは、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などが、その訓練にあたります。
それでも、なかなか病前のようにすっきりと治ることは多くありません。
見た目としてマヒはなさそうでも、しびれが残ったり、とても冷えやすい(循環障害)と訴える方は多いです。
次回は、片麻痺を持ちながらの生活を説明します。
【愛風・久毛】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2020-5-25

    コロナで使えるLINEスタンプ

    コロナで使えるLINEスタンプ 医療関係者に感謝、テレワークで使えるLINEスタンプの紹介です! …
  2. 珠花散骨

    2020-2-27

    春日部小淵山観音院にお参りの出来る散骨OPEN!

    お参りの出来る散骨OPEN! 春日部で由緒ある小淵山 正賢寺 観音院にて珠花散骨とペットの合祀墓、…
  3. WEBらうんじ出店希望

    2019-6-10

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★[conta…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間で…
  2. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  3. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  4. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  5. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る