ジャズと教育「じっとがまんのドラマーになりたいー」

子育ては先回りせずに「後追いしましょう」と前号でお話しました。
では、いつから後追いをすればいいのでしょうか。
その答えは子ども自身が示してくれるのです。
赤ちゃんは親の腕の中で育ちます。
おっぱいを飲んだり、笑ったり、泣き叫んだりとその全ては両手を広げた範囲での動きです。
それがハイハイをし、よちよち歩きを始めるなど行動範囲は徐々に広がっていきます。
親はその広がりに応じて対応すればいいのです。
子育て講座では、「ハイハイしだしたら『子どもの前に』、歩きだしたら『横に』、走りだすようになったら『斜め後ろ』、というように子供に合わせて自分のいる位置を変え、距離を置くようにしていきましょう。」と話しています。
そもそも子どもが電車通学し始めたら先回りなどできませんから。
子どもの世界は成長に応じてどんどん広がってきます。
そんな時に親がしゃしゃり出てしまったら子どもは前に進めなくなってしまいます。
子どもは元来前に進んでいく性質をもつ生き物なのです。
我々大人は少なくとも彼らの前をふさぐことの無いようにしたいものです。  
他人との距離感と立ち位置の適切な取り方は大人になっても必要なこと。
もちろんジャズの世界でも同じです。
ミュージシャン同士の距離や立ち位置は演奏の成否に関わります。
ソロをとる者が引き立つように他のメンバーは音を小さくするだけでなく、実際に後ろに下がってプレーする場合も少なくありません。
ソリストとバッキングとの関係が曲の中で様々に変わっていくのもジャズの魅力の一つです。
でも私は「ドラム、うるさい!」と言われても楽しくてついつい叩きすぎてしまいます。
【「共栄大学客員教授・岩槻Jazz 代表」今村信哉(Shinya Imamura) 】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2019-6-10

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★[conta…
  2. 2019-6-10

    福祉作業所「ふくふく」

    【参加予定】8/18㈰岩槻祭り(市宿通り) 8/31㈯目白大学流しそうめん地元の福祉作業所「ふくふく…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間で…
  2. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  3. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  4. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  5. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る