大雪で傾いた赤松 その後、足を運んでみると……

弊誌平成30年2月号6面で取り上げた、大雪で傾いた岩槻城址公園の赤松。
完全に倒れた状態でもなく、八つ橋からの通路にも大きな支障が出ない方向への傾き方だったので、一時的に枝を落としてでも復活させて城址公園の「シンボルにもできるのでは?」との思いで紹介してみたのだが……。
桜祭りで訪れた公園には、あの赤松の姿もその痕跡さえも消えていた。
関係者の話によると松の葉が赤くなってきたので切り倒したようだ。
たった1本の松の木に対して、住民の関心も薄く保存活動などの動きもなかったのだろうか。
何とももったいないというか、樹齢を重ねて公園の中心的場所で菖蒲池や公園を見守ってきた赤松は貴重なものだったとも思う。
切り倒すのはいつでも可能であり、何で枝を落としてみて1年間くらい様子を見守ってほしいという思いもめぐってきた。
次の世代に向けて新しいものを作ることも必要だが、地域の資産に出来るものは多方面から熟慮し、残すことを選択するのも大切にしたいものである。
岩槻にはそんな地域の資産がたくさん埋もれているような気がしてならない。
気が付かなければ失ってしまう受け継ぎ見守って来た地域の資産や魅力をみんなで探してみるという大切さも感じられた。
【編集部・奥山】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2018-10-9

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム 掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★ [c…
  2. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る