岩槻の手づくり作家紹介 「海外でも認められた革工芸作家」

岩槻区西町に在住し革工芸教室を主宰している関口登美子さんの工房を訪ねた。
2016年に国際美術批評家連盟から贈られた「世界最高峰基準アーティスト」の認定書が飾ってある工房では、これまでの作品の数々を見ることができた。
革細工の魅力を尋ねると「革では何でも作れるから楽しいのよ」という関口さん。
たしかに生活の一部として欠かせない丈夫な素材であり装飾品としても活用されている。
革との出会いは20代に浅草橋で革細工の展示会場に入ったとき。
出会った作品の魅力に圧倒され「自分も作ってみたい」と思い立ち、その作家さんの工房がある柏まで岩槻から週2回通って15年間学んだそうだ。
その後も研鑽を積んで技術を磨いた今では、国内はもとより海外からも出品依頼が多いという。その成果は、作品の高度な技術が認められた末で認定書が授与されたことからも伝わってくる。
実際に工房で目にしてみると、革細工の作業はたいへんな体力が必要なことが分かる。
2月に岩槻で開催した「区民総合芸術祭」でも多く作品を展示していただいたが、今後も健康に留意して、精力的に作品づくりと次世代への技術の継承をお願いしたいと感じてやまない。
【編集部・奥山】

工房には海外から贈られた認定書も飾られている

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る