岩槻の手づくり作家紹介 「人形のまち岩槻を海外に発信」

地元の岩槻で30年以上の活動を続けている人形作家の稲邉智津子さん。
海外での作品発表の機会も多く、ヨーロッパの小さな町での創作人形のお祭りに参加した際、世界中から様々な人形が集まり多くの観光客が訪れる大きなイベントに、人形の持つ魅力と可能性を改めて感じたという。
このようなイベントを何とか人形のまち岩槻で地域活性化のためにもできないかと構想をあたためてきたが、2015年春に開催された「第3回 人形の里アートフェステイバル」内で、「第1回創作人形公募展」の開催を実現した。
その後も展示鑑賞だけでなく、街中のお店とも連携して人形店巡りでの作品鑑賞や関係者との交流、作品購入の楽しみも味わえる「創作人形フエステイバル」も開催している。
また、2016年に開かれた「さいたまトリエンナーレ」でも「創作人形国際公募展」を開き、海外からの参加者や来訪者もみられた。
2020年に(仮称)岩槻人形博物館が開館されるが、その関連事業として先月開催された「第3回創作人形公募展」や、トリエンナーレに続いて来年も開催される予定の「創作人形国際公募展」。
これらのイベントは、これまでの活動を通して作り上げた人脈や皆さんの協力もあり、稲邉さんの尽力により実現に至ったといっても過言ではない。
人形のまち岩槻の魅力を世界に発信する為にも、今後のますますの活躍に期待したいところだ。
【編集部・奥山】

作品には「作り手の人生感がにじみ出る」と話す

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る