子育て日記 「生まれてきてくれて、ありがとう〜後編〜」

初めての抱っこ。
ムスメはあまりにも小さくてふにゃふにゃで、ちょっと間違えたら簡単に壊れてしまいそうでした。
初めての授乳。
おっぱいが張る、という不思議。
自分の体じゃないみたいだと思いました。
本能的な部分が目覚めたような感覚。
授乳は初めての親子の共同作業。
「頑張れムスメ!」とエールを送りながら、自分のおっぱいのことをこんなに真剣に考えたのは初めてでした。
初めてのお風呂。
とにかくムスメの顔を沈めないようにと、ハラハラしながら、母と一緒にベビーバスに入れました。
寒くないかな!?熱くないかな!?と気を遣いつつ、背中を洗う時も私たちは神経を擦り減らしました。
湯上がりのムスメは、満足そうでした。
初めての寝かしつけ。
寝たと思ったら起きて、おっぱい。
その繰り返しでした。
ムスメの寝顔を見るたびにホッとして、幸せだなぁと思いました。
ムスメが生まれて1年経った今も、私にとって初めてのことがまだまだたくさんあります。
いつか、初めてのことがなくなる日が来るのかしら。
乳児期の間は運命共同体。
成長するにつれて、ムスメ自身がひとりで経験する初めてのことも、増えていくのでしょう。
「あんまり急いで大きくならなくていいよ」
1歳になったばかりのムスメの寝顔に話しかけました。
「生まれてきてくれて、ありがとう」
また明日、笑顔で会おうね。
【なっきい】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る