カテゴリー:季節の話題

  • 3月の星空 星たちの「水面」がみどころ

    東の空には「しし座」がよく見えるようになってきました。 獅子の顔にあたる部分、西洋の草刈鎌のような形をした「獅子の大鎌」は、日本では雨どいを掛ける金具に見立てられていましたが、春の夜空の目印でもあります。 その下…
  • 死と希望の花 スノードロップ

    スノードロップの語源は、ギリシア語で、「乳のように白い花」「雪の中や近くに成長する」を表しており、英名では「スノードロップ(雪のしずく)」、和名では「待雪草(マツユキソウ)」と呼ばれます。 春を告げる花として知られ…
  • 2月の空

    2月は、日暮れと共に星空が頭上から南東の空に広がり、夜半過ぎには西に傾くまで楽しめます。 1等星を結んでできる「冬のダイヤモンド」や「冬の大三角」が見られる空は、1年中でもっとも美しい印象を抱く人も多いのではないで…
  • 色とりどりの言葉を持つ 可憐なクロッカス

    贈り物として人気のクロッカス。 ギリシャ語の「krokos(糸)」が語源で、糸のように伸びるめしべを持つことに由来します。 クロッカスには二つの花言葉があり、一つは「裏切らないで」とされています。 これはギリシ…
  • 西の空に輝く宵の明星 金星観察に適した日

    金星は2019年11月ごろから2020年5月ごろまで「宵の明星」として見えています。 夕方から宵のころ(日の入り後)に西の空で明るく輝いているので、一目でそれとわかります。 時折、細い月と並ぶ光景(月に一回ペース…
  • 幸運の四葉でも知られる シロツメクサ(クローバー)

    シロツメクサの別名は「クローバー」。四つ葉が有名です。 マメ科の多年草で、ヨーロッパ原産。緑肥や牧草用として利用されています。 5世紀にアイルランドを訪れた聖パトリックはクローバーの三枚の葉でキリスト教の三位一体…
  • 天体イベント目白押し 12月の空模様

    ふたご座流星群は13日から15日の夜にみられ、15日の午前2時頃が極大と予想されています。 満月を過ぎた月がふたご座の付近にあるので、条件がとても悪く、なるべく空の暗いところへ行き、夜8時以降、北東から天頂付近を中…
  • 幸福を告げる多肉植物 カランコエ

    カランコエは乾燥に強く、開花期は11月から5月。 カラフルで鮮やかな花の色と、美しい葉や種類の豊富な株の形があり、育てやすさとかわいさから贈り物として人気です。 名前は中国の「加籃菜」の発音がカランコエと聞こえること…

インフォメーション

  1. 2020-5-25

    コロナで使えるLINEスタンプ

    コロナで使えるLINEスタンプ 医療関係者に感謝、テレワークで使えるLINEスタンプの紹介です! …
  2. 珠花散骨

    2020-2-27

    春日部小淵山観音院にお参りの出来る散骨OPEN!

    お参りの出来る散骨OPEN! 春日部で由緒ある小淵山 正賢寺 観音院にて珠花散骨とペットの合祀墓、…
  3. WEBらうんじ出店希望

    2019-6-10

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★[conta…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間で…
  2. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  3. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  4. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  5. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る