自閉症に気付いてほしい 二人の実体験

自閉症の方は、感覚に偏りがあることが多いため、自分でも止められない癖を持っていることがあります。
Aさんは、げんこつであちこちを叩くくせを持っています。
私であれば、痛くて叩けないところも叩いています。
あまりたくさんたたくので、げんこつにはタコができています。
電車の中でも電車の壁を叩くので、他のお客さんは怖がって彼の周りから離れます。
Aさんに聞いてみました。「電車の中だけは叩かないようにできないの?」「うん。止められないの」「そう、それじゃぁ、私がAさんのためにしてあげられることは何?」「周りの人に、怖くないよって、言ってほしい」。
Aさんは、成人でこわもてなので、げんこつで壁をたたいていると、周りの人が怖がること、頭ではわかっているのです。
でも止められない。
それで、周りの人が逃げていくのを彼はとても悲しく思っていました。
B君は、Aさんのような癖はなく、見た目は普通の青年です。
自閉があるというので、リハビリを受けてきた経験があり、その先生が大好きで、自分も療法士になりたいと、頑張って勉強して専門学校に入りました。
成績は良くはありませんでしたが、なんとかテストは合格できました。
けれども、実習が難しい。
例えば、患者さんの歩行の練習中に、足ふきマットがめくれてしまうと、それを直さずにはいられないのです。
患者さんを放置してでも直してしまいます。
それでは実習は通りません。
結局彼は道を変え、自転車を部品から15分程度で一台組み立てることができる技術を生かして就職しました。
自閉といっても、話ができて、笑えます。
感覚のかたよりから、自傷行為と呼ばれる癖を持っている人も居ますが、自分では止められなくて、本人も困っていたりします。
ちょっとみただけでは障害があるってわからなくても、自分ではどうにもできない大変さを抱えていることがある人がいるのです。
【愛風・久毛しずか】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

インフォメーション

  1. 2024-2-11

    睡眠不足がもたらす健康リスクとは?

    ここ最近、異常気象の影響か、体調を壊す人が増えてます。 「一度起きると寝れない」とか、「睡眠導…
  2. 2024-2-11

    断水に苦しむ能登地震の被災地

    「元旦の大きな揺れで、避難所となっているこの体育館に駆け込んだ。でもここには水も食料もなかった。 …
  3. 2024-2-11

    「まちあわせ」

    まちづくりユニット「まちあわせ」が岩槻のさまざまなまちづくりを紹介するこのページ。今回も岩槻区内で活…

『らうんじ』からの募集・告知

  1.  今回は、すぐさま命に別条があるわけではないので、服薬治療を続ければ天寿を全うできるけれども、かなり…
  2. イベント情報
    心のときめきを自分の言葉で短歌にしてみましょう。 【日時】3月17日(日)13:30 から 15:…
  3. イベント情報
    皆さんの人生は「選択」の連続だったに違いありません。 日々の選択は何を基準にし…
  4. イベント情報
    ◇史跡めぐり「中山道鴻巣宿を歩く」 【日 時】 3 月 3 日(日) 午前中 【集 合】 岩槻駅…
  5. イベント情報
    岩槻区を中心として市民活動に関心のある方など様々な立場の人が気軽に集まり、岩槻をより活性化させるため…

岩槻について

  1. ◆図形の問題  色のついた三つの正三角形があります。図のように頂点同士を線分で結んだときにできる三…
  2. イベント情報
    下山静香(ピアニスト)が魅せる「中南米名曲コレクション」昨今注目度 が上がってきた中南米のクラシッ…
  3. 健康でいるために、どの様な運動がいいの? 有酸素運動(有酸素エクササイズ) 有酸素運動は 、心肺…
  4. 運動が健康によい理由【前編】 健康的な運動は、健康な生活をサポートする大切な要素です。 自分の目…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る