桃の花を出荷して50年 愛情かけて植物を育てる

浦和美園地区は、まだまだ緑の多い場所。
そこに咲く春を告げてくれる桃の花は、ひな祭りのひな壇に飾る花としても親しまれている。
桃の花を出荷し続けて50年という渋谷豊さん(72歳)は「今年は、いいのか悪いのか暖冬で、温室よりも外でチラホラ咲き始めてしまい、ちょっと困っています」と苦笑いする。
例年だと、まだ堅いつぼみの頃の枝を、手頃な切り花用に切り落として、5〜6本に束ねる。
それらを水の入った容器へ差し込み、温室でつぼみのふくらむさまをみながら、1週間ほど世話をするそうだ。
温室は暗室になっていて常温で20度ほどを保つというが、取材当時は「ひな祭りに向けては七分咲き、八分咲きが理想ですが、なかなか思うようにはいきません」と今年の感触を示していた。
中国が発祥とされるバラ科の桃の花は、古くから日本でも栽培され、邪気を払う力があるといわれてきた。
お祝いごとでみかけるのもそのためで、今でも人気は高いそうだ。
渋谷さんは、足立区にある花の卸売市場に出荷するというが、父親の代から受け継ぎ今な生業として関わっている。
桃の花のあとは、河津桜や彼岸桜、ソメイヨシノなど桜の花へと続き、草花も多数出荷している。
初夏を迎えると七夕の笹竹、クリスマスの時期にはリースなどに使用されるヒムロスギも取り扱っており、年間を通して植木を育て、切り花を出荷している。
手塩にかけた植物については「あまり切り過ぎてもよくないので、来年のことも考えて出荷している」と工夫もみせる。
まだまだリタイアは先。元気いっぱいに応じてくれた。
【増田啓子】

渋谷豊さん(72)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2020-5-25

    コロナで使えるLINEスタンプ

    コロナで使えるLINEスタンプ 医療関係者に感謝、テレワークで使えるLINEスタンプの紹介です! …
  2. しっぽフェスタ中止

    2020-4-25

    お寺Deしっぽフェスタ開催中止いたします!

    コロナの影響により、お寺Deしっぽフェスタは、開催を中止いたします! 楽しみにしていた方々、及び関…
  3. 珠花散骨

    2020-2-27

    春日部小淵山観音院にお参りの出来る散骨OPEN!

    お参りの出来る散骨OPEN! 春日部で由緒ある小淵山 正賢寺 観音院にて珠花散骨とペットの合祀墓、…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間で…
  2. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  3. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  4. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  5. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る