岩槻郷土資料館だより⑮ 「岩槻城の絵図」

岩槻城は中世に成立し、戦乱の時代を経て、近世は明治維新まで岩槻藩の居城として栄えました。
明治以降主要部分が開発されていき、現在、往時の面影を残すところは、「新曲輪」「鍛冶曲輪」と呼ばれる岩槻城の南側の部分などわずかなところだけとなっています。
岩槻郷土資料館では、平成30年5月26日から収蔵品展として資料館に収蔵されている岩槻城の絵図を展示しています。
この展示では、明治以降になって往時の姿をしのび模写した岩槻城の絵図や武家屋敷周辺の絵図、明治4~5年頃の士族屋敷の屋敷割の草稿、大手門の西側にあった茅小屋の絵図など9点を展示しています。
天保13(1842)年の絵図を写したと思われるものは、建物の配置などだけでなく、敷地の面積、土塁の高さ、堀の幅や深さなども記され、当時の様子をよく知ることができます。
「岩槻城址裏表紙」は印刷物の裏表紙であったと思われ、構図は岩槻古城八景に見られる「岩槻城址図」と同じものです。
また大正6(1871)年の「岩槻市街図」では、岩槻城は本丸など主要な部分を春日部方面に向かう道路が横切っているものの「岩槻城址」と記され、全体的に旧状をよくとどめています。
今回の展示は、平成30年7月8日まで開催していますので、岩槻郷土資料館に足を運んでいただき、これらの絵図などから近世から近代の岩槻城の様子やその周辺を見ていただけたらと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る