岩槻郷土資料館だより⑫ もうひとつの人形文化「さいたまの張り子」

張り子は、木型に和紙を貼り、形づくられたもので、全国的にみることができます。
さいたま市内でも岩槻区や桜区などで張り子づくりが行われていました。その一つにダルマづくりがあります。
岩槻区は、越谷、春日部と共に「武州ダルマ」と呼ばれるダルマの産地であり、越谷に近い尾ヶ崎、末田、浮谷などで作られていました。
「武州ダルマ」は越谷から始まったといわれ、越谷を中心に作られているため、「越谷ダルマ」とも呼ばれています。
群馬県の「上州ダルマ」が男性的であるといわれるのに対し、「武州ダルマ」は、鼻筋がとおり、優しい表情をしているため、女性的といわれています。
それぞれの産地によってひげや眉毛の書き方・表情などが多少違っているように見えますが、一定の範囲の中で描かれ、一目で「武州ダルマ」とわかる表情を見せているといわれています。
ダルマは各地で開かれていただるま市などで売られていました。
資料館に近い加倉の金比羅神社では現在も毎年2月10日にだるま市が開かれています。
このほか、市内では桜区五関で「五関の張り子」と呼ばれる張り子づくりが昭和40年代まで行われていました。
五関ではダルマ、人形、トラ、面が作られ、ダルマには姫ダルマ、五色ダルマといった変わり物も作られていました。
また北区でも明治、大正頃に張り子づくりが行われていました。
こうした「さいたまの張り子」を資料館では平成30年3月21日まで展示し、さいたまに受け継がれるもうひとつの人形文化を知っていただくとともにその魅力を紹介していきます。

加倉・金比羅神社の恒例行事 「だるま市」の様子

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る