伝統工芸士の来歴①「家業を継ぐ気はなかった」

こんにちはゆうきです。
今回からは私の仕事について「伝統工芸士とわたし」をテーマになぜ人形作りの道に進んだのか、そして今後どのような思いをもってこの仕事に携わっていきたいか。などについて3回にわたりお話させて頂きたいと思います。
第1回目の今日は、まず私がゆうきとして人形制作の道に入ったきっかけについて簡単にお話させて頂きます。
皆さんもご存じのように私たちの住むここ岩槻は江戸時代から人形作りが盛んで現在でも多くの人形店が点在しています。
私の父も人形職人として人形店を営んでおり、幼い頃から人形に囲まれて育ちました。
10代の頃から家業の手伝いはしておりましたが、実はまったく!というほど継ぐ気持ちはありませんでした。
家業を継承していらっしゃる方の多くはこのパターンをよく耳にしますが(笑)
その仕事の大変さや苦労を幼い頃から側でみていると「絶対にやりたくないなぁ・・」となるのでしょうね(笑)
その後、短大を卒業してからは建築関係の仕事などにつきながらインテリアコーディネーターを目指してキャリアアップスクールなどに通い勉強していました。
それが24歳のある日、父に誘われて何気なくついて行った人形職人の展示会に訪れた際に、ふと思ったんですよね。
「私が欲しい人形がないなぁ・・・」と。
お雛様とは本来、女の子の無事な成長を祈り感謝をささげ、自分の身代わりに厄を持っていってくれる宝物です。
一生の宝物だからこそ本当に自分が欲しいと思う人形が作りたい!と急にビビッと熱い思いが湧きあがったんです。
ならば!と勤めていた会社を退社し本格的に人形作りの「いろは」から勉強をし直し、28歳のときに「工房ゆうき」を立ち上げました。
あれだけ自分からは遠いものに見えていた人形制作の道も、きっかけは自分だったら「こんな人形が作りたい!」と思えたあの一瞬からの始まりでした。
初めて「ゆうき」として開催する事になった展示会も実際、準備に取り掛かってみると悪戦苦闘の連続・・。
次回は、「嬉しくもあり、くやしさもあり・・」な、なんとかスタートし「ゆうき」となった私のそれからをお話させて頂きたいと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2020-5-25

    コロナで使えるLINEスタンプ

    コロナで使えるLINEスタンプ 医療関係者に感謝、テレワークで使えるLINEスタンプの紹介です! …
  2. しっぽフェスタ中止

    2020-4-25

    お寺Deしっぽフェスタ開催中止いたします!

    コロナの影響により、お寺Deしっぽフェスタは、開催を中止いたします! 楽しみにしていた方々、及び関…
  3. 珠花散骨

    2020-2-27

    春日部小淵山観音院にお参りの出来る散骨OPEN!

    お参りの出来る散骨OPEN! 春日部で由緒ある小淵山 正賢寺 観音院にて珠花散骨とペットの合祀墓、…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間で…
  2. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  3. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  4. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  5. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る