伝統工芸士の来歴①「家業を継ぐ気はなかった」

こんにちはゆうきです。
今回からは私の仕事について「伝統工芸士とわたし」をテーマになぜ人形作りの道に進んだのか、そして今後どのような思いをもってこの仕事に携わっていきたいか。などについて3回にわたりお話させて頂きたいと思います。
第1回目の今日は、まず私がゆうきとして人形制作の道に入ったきっかけについて簡単にお話させて頂きます。
皆さんもご存じのように私たちの住むここ岩槻は江戸時代から人形作りが盛んで現在でも多くの人形店が点在しています。
私の父も人形職人として人形店を営んでおり、幼い頃から人形に囲まれて育ちました。
10代の頃から家業の手伝いはしておりましたが、実はまったく!というほど継ぐ気持ちはありませんでした。
家業を継承していらっしゃる方の多くはこのパターンをよく耳にしますが(笑)
その仕事の大変さや苦労を幼い頃から側でみていると「絶対にやりたくないなぁ・・」となるのでしょうね(笑)
その後、短大を卒業してからは建築関係の仕事などにつきながらインテリアコーディネーターを目指してキャリアアップスクールなどに通い勉強していました。
それが24歳のある日、父に誘われて何気なくついて行った人形職人の展示会に訪れた際に、ふと思ったんですよね。
「私が欲しい人形がないなぁ・・・」と。
お雛様とは本来、女の子の無事な成長を祈り感謝をささげ、自分の身代わりに厄を持っていってくれる宝物です。
一生の宝物だからこそ本当に自分が欲しいと思う人形が作りたい!と急にビビッと熱い思いが湧きあがったんです。
ならば!と勤めていた会社を退社し本格的に人形作りの「いろは」から勉強をし直し、28歳のときに「工房ゆうき」を立ち上げました。
あれだけ自分からは遠いものに見えていた人形制作の道も、きっかけは自分だったら「こんな人形が作りたい!」と思えたあの一瞬からの始まりでした。
初めて「ゆうき」として開催する事になった展示会も実際、準備に取り掛かってみると悪戦苦闘の連続・・。
次回は、「嬉しくもあり、くやしさもあり・・」な、なんとかスタートし「ゆうき」となった私のそれからをお話させて頂きたいと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

インフォメーション

  1. 2024-6-12

    睡眠不足がもたらす健康リスクとは?⑤

    睡眠不足と認知症の関係 ・睡眠不足が認知症のリスクを高める可能性があるとされています。 -・睡眠…
  2. 2024-6-12

    仮設住宅の建設が進む石川県

     石川県内には、続々と仮設住宅が建設されています。 5月8日現在、5771戸の仮設住宅が着工されま…
  3. 2024-6-12

    柏崎小学校 PTA会長としての想い④

     2024年4月、柏崎小学校に大塚校長先生が着任され、新たな風が吹き始めています。 大塚校長先生は…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 今回は岩槻の地域活性化を目指して開催されていたリノベーションスクールと、その参加者で計画して今年オー…
  2. [caption id="attachment_22182" align="alignleft" w…
  3. 先回、ハンディキャップについて書きました。社会的不利です。 今回は、社会が人を不幸にするかもしれな…
  4. コロナ禍が終息に向かう昨今、引き続きテレワークや在宅勤務を続けている人も多いです。 3つあるテレワ…
  5. [caption id="attachment_22137" align="alignright" …
無料イラスト素材【イラストAC】

岩槻について

  1. 睡眠不足と認知症の関係 ・睡眠不足が認知症のリスクを高める可能性があるとされています。 -・睡眠…
  2. ぼくがいたずらすると怒られる。 ゲームをやりすぎても怒られる。 でも、ママの機嫌のいい時は怒られ…
  3. 2024/6/11

    今月の短歌
    しきなみ短歌、5月例会の高点歌(四首) 腕広げ 糸巻く 毛糸巻した 懐かしき 日のあり夫と 木綿…
  4.  岩槻区金重に住む藤園豊さんは、九州出身で音楽の世界を目指して上京した。 バンドを組んで活動し…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る