ランタンと電池の備蓄を

「2019年9月9日の午前1時半ごろ、強風で突然屋根が飛んだと思ったらすぐに停電。
それから3日間、市役所とは電話もつながらなかったので、この地域の住民たちだけでなんとかするしかなかった」
台風15号で甚大な被害が出た千葉県館山市布良(めら)地区。
テレビが入るより前に、ジャーナリストの堀潤さんらがいち早く現地入りし、その惨状を動画ニュースで発信。
それ以降、支援物資を持った人々が次々と房総半島の南端であるここ布良を目指しました。
私が13日にミニアンパンやクリームパンを300個ほど持って行ったところ「もう乾パンやクラッカーは食べ飽きた。こういう甘いパンは本当にうれしいね。」と、物資の配布所となっていた富崎公民館の勢見勝美館長は話してくれました。
「今必要なものは?」という問いに「何日も停電が続いているから、みんな乾電池をほしがっている。
市役所に頼んでも何にも来ない」という答え。
布良から10キロ以上離れた館山市内に向かうと、停電は復旧していたものの電池の販売には制限があり、一人6個までしか買えませんでした。
埼玉で電池やあんぱんを大量に調達し、16日にふたたび布良に向かうと、今度はものすごい大雨。
実は大雨洪水警報と避難勧告も出ていたのですが、防災無線も停電で止まっていたため、誰もそのことに気がつきませんでした。
公民館に「家の中が雨漏りでびしょびしょなんです。助けてください」と高齢の女性がやってきましたが、勢見館長の答えは「この大雨の中でのシート張りは危険です。避難所に行ってください」というものでした。
雨漏りが続くと家財道具や畳が全部だめになり、家が丸まる水没したのと同じ状況になるのです。
せっかく自衛隊が隣の浜に設営してくれた風呂も、防災無線が機能しないため周知されず、あまり利用はされませんでした。
「停電で真っ暗な生活が何日も続き、風呂にも入れない。
まるで原始人の生活だよ」とは布良で聞いた声です。

次の台風に備えてのアドバイス
①電池式ランタンを一人一個と多量の電池を備蓄
②火災保険(水災特約付き)・地震保険には必ず加入
③行政をあてにせず一週間以上を生き延びる「水・食料」を備蓄
④車のガソリンも、残り半分になったら満タンに給油。

【さいたま市防災アドバイザー・加倉井誠】

停電でガソリンも手回しで給油
停電でガソリンも手回しで給油
停電8 日目に届いたランタン
(もっと早くほしかった!)
青森第9後方支援連隊によるお風呂

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

インフォメーション

  1. 2024-2-11

    睡眠不足がもたらす健康リスクとは?

    ここ最近、異常気象の影響か、体調を壊す人が増えてます。 「一度起きると寝れない」とか、「睡眠導…
  2. 2024-2-11

    断水に苦しむ能登地震の被災地

    「元旦の大きな揺れで、避難所となっているこの体育館に駆け込んだ。でもここには水も食料もなかった。 …
  3. 2024-2-11

    「まちあわせ」

    まちづくりユニット「まちあわせ」が岩槻のさまざまなまちづくりを紹介するこのページ。今回も岩槻区内で活…

『らうんじ』からの募集・告知

  1.  今回は、すぐさま命に別条があるわけではないので、服薬治療を続ければ天寿を全うできるけれども、かなり…
  2. イベント情報
    心のときめきを自分の言葉で短歌にしてみましょう。 【日時】3月17日(日)13:30 から 15:…
  3. イベント情報
    皆さんの人生は「選択」の連続だったに違いありません。 日々の選択は何を基準にし…
  4. イベント情報
    ◇史跡めぐり「中山道鴻巣宿を歩く」 【日 時】 3 月 3 日(日) 午前中 【集 合】 岩槻駅…
  5. イベント情報
    岩槻区を中心として市民活動に関心のある方など様々な立場の人が気軽に集まり、岩槻をより活性化させるため…

岩槻について

  1. ◆図形の問題  色のついた三つの正三角形があります。図のように頂点同士を線分で結んだときにできる三…
  2. イベント情報
    下山静香(ピアニスト)が魅せる「中南米名曲コレクション」昨今注目度 が上がってきた中南米のクラシッ…
  3. 健康でいるために、どの様な運動がいいの? 有酸素運動(有酸素エクササイズ) 有酸素運動は 、心肺…
  4. 運動が健康によい理由【前編】 健康的な運動は、健康な生活をサポートする大切な要素です。 自分の目…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る