ジャズと教育【ジャズは自由、学校は強制?】

これまでジャズと教育の共通点を書いてきました。
今回は「違い」について書きたいと思います。
ジャズを聴いたり、演奏したりするのは当然ながら「好き」だからです。
どの時点で好きになったのかは人によって違います。
学生のころから好きだった人もいれば私のように五十歳過ぎてからその魅力にはまった者もいます。
いずれにせよ強制されてジャズを選んだ訳ではありません。
公教育はどうでしょうか。
小中学校は義務教育です。
保護者には子供を学校に行かせる義務があります。
子供側から見れば教育を受ける権利があるのですが、私立学校は別として学校もクラスも原則選べません。
又、算数は嫌いだからといってその授業を受けないわけにはいかないのです。
そんな教育の「よさ」とは何なのでしょうか。
それは「選択の余地がない」ところにあると思うのです。
日本の小中学校で学ぶ内容は多岐にわたっています。
国語や算数等の教科、音楽や図工等の芸能教科、心を耕す道徳、そしてクラブ活動、部活や学校行事等々。
これだけ多彩な教育を子供たちは受けているのです。
つまり小中学校の九年間でこれからの人生に必要だと思われる基礎的な内容を好き嫌いに関わらず全て学ぶことができるようになっているのです。
音楽の教科書を見てもクラシックからポピュラー、伝統音楽に至るまで、あらゆる音楽が掲載されています。(残念ながら小学校の教科書ではジャズを扱っていませんが)
小中学校で多様な学びや体験をしている子供たちはスポーツでも音楽でもいずれは自分に合ったものを選んでいきます。
小さいうちから焦ることはないのです。私だってジャズを選んだのは五十過ぎですので。
【「共栄大学客員教授・岩槻Jazz 代表」今村信哉(Shinya Imamura) 】

道徳の授業(授業者は筆者)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2020-5-25

    コロナで使えるLINEスタンプ

    コロナで使えるLINEスタンプ 医療関係者に感謝、テレワークで使えるLINEスタンプの紹介です! …
  2. 珠花散骨

    2020-2-27

    春日部小淵山観音院にお参りの出来る散骨OPEN!

    お参りの出来る散骨OPEN! 春日部で由緒ある小淵山 正賢寺 観音院にて珠花散骨とペットの合祀墓、…
  3. WEBらうんじ出店希望

    2019-6-10

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★[conta…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間で…
  2. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  3. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  4. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  5. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る