きゅうりを作ってはいけない? 地域ならではの伝統と風習

あるテレビ番組を見ていたところ、茨城県のとある町では「野菜のきゅうりを作ってはいけない」と、昔から言い伝えられていると知った。
その理由は、雨不足で困った村人たちが、雨乞いをしていたことに由来する。
神社の家紋がきゅうりの輪切りに似ていたことで「もうきゅうりは作りませんから、どうか雨を降らせてください」と願掛けをしたところ、雨に恵まれ、村人たちはたいそう喜んだそうだ。
それを機に、茨城県のとある町では現在まで、きゅうりを栽培することは禁じられているという(食事はするにしても、だ)。
そしてじつは、似たような風習を浦和美園地区で耳にしたこともあり驚いた。
十年前に他界した方から聞いた話であるが「この地域では昔から、きゅうりを作ってはいけない」とする言い伝えがあるのだ。
その方が「どうしてか理由は定かではないが、村のえらい方が、きゅうりのツルでつまずいたのかな?」と笑っていたのも思い出す。
ただ、茨城県のとある町とは異なる。
浦和美園の地域では現在、昔の言い伝えであるため、好きなだけきゅうりを栽培して、もちろん食べている。
それでも伝統や風習を重んじて、初物のきゅうりは「神社にお供えしてから」とする年配の方もいて、初夏の神社の境内には何本がのきゅうりが供えられているのをみかける。
ことわざには「ところ変われば品変わる」という言葉もある。
土地が違えば、風習や習慣が異なるとされているが、まんざら間違った言葉ではなさそうだ。
この時期になると思い出すが、今年の夏は心してきゅうりを食したいもの。
もうそろそろ、夏野菜の苗が店先をにぎわしてくれそうだ。
【増田啓子】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2020-5-25

    コロナで使えるLINEスタンプ

    コロナで使えるLINEスタンプ 医療関係者に感謝、テレワークで使えるLINEスタンプの紹介です! …
  2. しっぽフェスタ中止

    2020-4-25

    お寺Deしっぽフェスタ開催中止いたします!

    コロナの影響により、お寺Deしっぽフェスタは、開催を中止いたします! 楽しみにしていた方々、及び関…
  3. 珠花散骨

    2020-2-27

    春日部小淵山観音院にお参りの出来る散骨OPEN!

    お参りの出来る散骨OPEN! 春日部で由緒ある小淵山 正賢寺 観音院にて珠花散骨とペットの合祀墓、…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間で…
  2. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  3. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  4. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  5. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る