対策が問われる「買いもの難民」 和戸で移動販売車の試験開始

先月号のイベント情報でご案内したコンビニエンスの和土住宅での試験移動販売の取材へと向かった。
過疎化と高齢化で、全国には現在700万人の買い物難民がいると推定されていますが、今後の高齢化を考えるとその数はさらに増えると見込まれている。
高度成長期に大規模開発で生まれた都市部の住宅地は同年代層が移り住み、子供達が巣立った後は急激に高齢者率が上がり、地域の商店が閉鎖し日常生活に必要な買い物が車などを使って遠くまで行かないとできなくなってきている。
コンビニ大手3社はこぞって移動販売車を使ってこのニーズを掘り起こしにかかっていますが採算性を考えると厳しい面もあるようだ。
岩槻区内で初めて導入された移動販売車は、ローソン末田店と和土住宅自治会との連携から2回の試験販売を経て今月からの週1回の本格導入の運びになった様です。
商品はコンビニ店舗と同じで販売価格も同一という。
和土住宅自治会長の下廣さんは、近くまで販売車が来てくれて自分で買える事に地域の方も喜んでくれていると話され、今後の継続運営に期待をされていた。
社会的使は高いと思われるが、販売車両は本部からの提供とはいえ専任の販売員や運転手などの人件費を考えると1店舗で継続運営させる事の難しさも感じられた。
継続してもらえるには、受益者でもある自治会など行政側との連携が必要になるだろう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る