シャキシャキでジューシー 春キャベツと豚肉のおかず

こんにちは。タマコチの店長ミナです。
春を迎え、新生活がスタートした方も多いのではないでしょうか。
タマコチも新しい場所で、心機一転のスタートを図りました。
新しい生活が慣れてきた頃は、暑かったり寒かったりと、体調を崩しがちですね。
そんなときは、しっかり食べる、ぐっすり眠る、よく笑う。
自分に優しく、心と体の喜ぶことをしてみるのもいいです。
そこで、今回紹介する食材は、胃にやさしく、胃炎や潰瘍の改善にも効果があるといわれる「ビタミンU」を含むキャベツです。
キャベツは、古代ギリシャ、ローマの時代から食べられていた最古の野菜のひとつで、栽培の長い歴史の中で、現在の丸い形になりました。葉がしっかり巻かれていて、ずっしりと重たい冬キャベツ(11月~3月)、甘みがあり、葉の柔らかい春キャベツ(3月~5月)、夏キャベツ(6月~10月)と、1年中作られています。
栄養素は、ビタミンCやU、カリウム、カロテン。
ビタミンUは、キャベツから発見されたもので、キャベジンとも呼ばれている水溶性のビタミン様物質です。
とんかつに添えられているキャベツは、とんかつを食べたあとの胃もたれや胸やけを防いでくれ、油分吸収も防いでくれます。
揚げものにキャベツを添えるのには、ちゃんと意味があるんですね。
では、今回は、みずみずしい春キャベツをたっぷり食べられるメニューを紹介します。

【レシピ】
「春キャベツと豚肉のおかずサラダ」
【材料(2人前】
春キャベツ(1/2個)
薄切り豚肉(200g)
ごまドレッシング(大さじ2杯)
ポン酢(大さじ2杯)
白の煎りごま(大さじ1杯)
【作り方】
1)春キャベツを手で食べやすいほどの大きめなサイズにちぎる
2)お湯を沸かした鍋で豚肉をサッと茹で、ザルに上げて水気を切る
沸騰しない程度の火加減で静かにゆでると、肉はやわらかなままで余計な油分も落とせます。
豚肉は色が変わるほどであればオッケーです
3)お皿に先ほどのキャベツと豚肉を盛り付け、ごまドレッシング・ポン酢・白の煎りゴマを合わせた調味料をかければ完成♪

お好みでせん切りにした大葉や、みょうがをのせてもさっぱりして美味しいです。
包丁も使わない簡単メニュー、ぜひお試しください!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る