ほっこりおいしい! 新米と里芋の炊き込みごはん

こんにちは。タマコチの店長・ミナです。すっかり冬めいてきましたね。

今回の食材は「里芋」です。里で採れるからその名が付き、中国から縄文時代に渡ってきたといわれる歴史ある野菜です。
主成分はでんぷん質で、カリウムがいも類の中ではいちばん多く、高血圧予防にも効果があるといわれます。
たんぱく質、ビタミンBやCをなどを含み、栄養価が高く、食物繊維も豊富でいも類の中ではもっとも低カロリーです。
里芋は剥くのが面倒ですが、包丁で剥く場合は、おしりの大きい方から小さい方へ向かって剥くとよいです。
つるりと剥くには、よく洗って泥を落とし、熱湯で3分ほど茹で、冷水にとってから手で剥くと、つるりとできます。
さて、それでは里芋を使ったおいしいレシピ、新米といっしょに炊く「里芋ごはん」を紹介していきます。

【レシピ】
<材料>
里芋(小6〜7個)
にんじん(1/2本)
油揚げ(1枚)
だし(3カップ)
酒(大さじ1杯)
しょうゆ(大さじ1杯)
塩(小さじ1杯)
<作り方>
1)米を研ぎ、ざるにあげる
2)里芋を剥き一口大にしたあと、塩を振り水洗いする
3)油揚げを湯通しする
4)にんじん、油揚げをせん切りにする
5)炊飯器に米とだし、酒、しょうゆ、塩を入れて混ぜる
6)里芋、にんじん、油揚げを(5)の上に乗せて炊き上げれば完成!

里芋の天海と油揚げから出ただしで、ほっこりしみじみ美味しいです。ぜひ試してみてください!

さといも

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2018-10-9

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム 掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★ [c…
  2. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る