ほっこりおいしい! 新米と里芋の炊き込みごはん

こんにちは。タマコチの店長・ミナです。すっかり冬めいてきましたね。

今回の食材は「里芋」です。里で採れるからその名が付き、中国から縄文時代に渡ってきたといわれる歴史ある野菜です。
主成分はでんぷん質で、カリウムがいも類の中ではいちばん多く、高血圧予防にも効果があるといわれます。
たんぱく質、ビタミンBやCをなどを含み、栄養価が高く、食物繊維も豊富でいも類の中ではもっとも低カロリーです。
里芋は剥くのが面倒ですが、包丁で剥く場合は、おしりの大きい方から小さい方へ向かって剥くとよいです。
つるりと剥くには、よく洗って泥を落とし、熱湯で3分ほど茹で、冷水にとってから手で剥くと、つるりとできます。
さて、それでは里芋を使ったおいしいレシピ、新米といっしょに炊く「里芋ごはん」を紹介していきます。

【レシピ】
<材料>
里芋(小6〜7個)
にんじん(1/2本)
油揚げ(1枚)
だし(3カップ)
酒(大さじ1杯)
しょうゆ(大さじ1杯)
塩(小さじ1杯)
<作り方>
1)米を研ぎ、ざるにあげる
2)里芋を剥き一口大にしたあと、塩を振り水洗いする
3)油揚げを湯通しする
4)にんじん、油揚げをせん切りにする
5)炊飯器に米とだし、酒、しょうゆ、塩を入れて混ぜる
6)里芋、にんじん、油揚げを(5)の上に乗せて炊き上げれば完成!

里芋の天海と油揚げから出ただしで、ほっこりしみじみ美味しいです。ぜひ試してみてください!

さといも

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 武蔵第六天神社の灯火船(ともしびぶね) …
  2. 岩槻城址公園はその名の通り岩槻城の跡で、今でもお堀や土塁が残っています。 昔から「おはやし公園」と…
  3. サルビアが見頃 大宮花の丘 西区 …
  4. 元荒川和船まつり
    元荒川和船まつりが平成30年7月28日(土)と29日(日)、両日ともに10時から16時まで、末田…
ページ上部へ戻る