じゃがいもとトマトで 夏にピッタリの冷たいスープ

読者のみなさま、こんにちは。カフェ タマコチの店長・ミナです。
今回は「じゃがいも」を使ったレシピを紹介していきます。
じゃがいもは1年中出回っていますが、おいしい旬の時期は5月〜7月にかけて。
原産地は、南米のアンデス山脈にあるチチカカ湖の周辺です。
元々は、現在のインドネシア・ジャカルタ地域である「ジャガダラ」からやってきたため、じゃがいもと呼ばれています。
見た目とは裏腹にじつはナス科の植物で、トマトやナスの親戚にあたります。そして、いもの部分は意外にも茎なんです。
主成分はでんぷんで、ビタミンBやCが豊富です。
スーパーでは「男爵」や「メークイン」がよく出回っていますが、他にもたくさんの品種があるので、料理に合わせて選ぶのも楽しいですね。
それでは、大人も子どもも大好きなじゃがいもが入った、夏にピッタリの「冷たいトマトスープ」を紹介していきましょう!

<レシピ>
【材料】
じゃがいも(1個)
タマネギ(小・1個)
にんじん(1本)
ベーコン(3枚)
にんにく(1片)
オリーブオイル(大さじ1杯)
トマトの缶詰め(1缶)
水(3カップ)
固形コンソメスープの素
トマトケチャップ(大さじ2杯)
砂糖(小さじ1杯)
【作り方】
1)じゃがいも、タマネギ、にんじんを小さめの角切りにする。じゃがいもは切ったあと、5分ほど水にさらす。
2)にんにくをみじん切りに、ベーコンを細切りにする。
3)鍋にオリーブオイルを入れて熱し、ベーコンとにんにくを炒める。
4)香りが立ってきたところでじゃがいもとタマネギ、にんじん。さらに、缶詰めのトマトと水を加える。
5)沸騰したら固形コンソメスープの素、トマトケチャップ、砂糖を入れてフタをしてから「やや中火」ほどの火加減で15分煮込めば完成!

熱々でもおいしいですが、夏は冷たくしても絶品です。
野菜はパプリカやアスパラ、キャベツなどを入れてもオッケー。
余った野菜を入れてみて、栄養をしっかり摂りつつ夏を乗り切りましょう!

じゃがいもwithトマト

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2018-10-9

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム 掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★ [c…
  2. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る