加倉の古刹と鎮守様

加倉の古刹と鎮守様
佐藤里枝

岩槻区加倉1丁目にある浄国寺は浄土宗のお寺だ。
旧16号線から参道に入ると静かな緑の空間が広がっていた。
季節は若葉から青葉に変わってきた。
アジサイが続く参道を行くと、高い木立を背景にどっしりとした唐破風門が見えてきた。
門では何人もの職人さんが忙しく働いていた。
東日本大震災で傾いてしまった山門を直しているそうだ。
どっしりとした本堂の大棟には葵の紋がついている。
ここは江戸時代、学僧たちの修業の場だったそうだ。
今では、寺に併設する幼稚園の園児たちの声が響いている。
前庭のモミジの青い葉が風に揺れている。
手入れが行き届いた庭の一隅に、一時期この寺に住んでいた歌人大西民子の歌碑があり、側に植えられた白い紫蘭が歌人を思わせた。
奥の墓地に進むと、ここを菩提寺とした岩槻藩主、阿部正次らの五輪塔が目を引く。
あちこちに古い墓石が立ち並び、江戸時代にタイムスリップしたかのよう……。
通りに戻り、西に進むと、赤い鳥居が見えてきた。
加倉の久伊豆神社は道路の側にあり、社殿の間近を車が行き来している。
明治5 年村社となった頃とは大違いであろう。
境内には庚申塔や力石がある。
神社は稲荷社、宗像社などが合祀されている。
「それぞれの神様が加倉地区・加倉の人々をお守りくださっております。
久伊豆神社は加倉の鎮守様(氏神様)です」と書かれた案内板に心暖かいものを感じた。
(第2 回)

浄国寺参道
浄国寺参道にて

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 共栄大学ジャズサークル
    共栄大学ジャズサークル 紺野トリオ 「岩槻駅東口クレセント・モール」で平成30年…
  2. かみしもどーる
    清水勇人さいたま市長への贈呈式の様子 岩槻人形協同組合と文京学院大学との連携により誕生した…
  3. 朝顔市
    昨年開催の様子 平成30年7月1日(日)の午前9時から午後2時まで、岩槻駅東口クレセントモ…
  4. 元荒川と黒浜の田んぼ。 東岩槻の工業団地を西へ抜けると、蓮田市黒浜の田んぼが広がる。 元荒川( …
ページ上部へ戻る