風信人の旅『元荒川和船まつり』

静かなすずみ湖と帆掛け舟
静かなすずみ湖と帆掛け舟 川名 栄 撮影

今夏行われた元荒川和船まつりでは、多くの人が屋形船に乗船し、すずみ湖の遊覧を楽しんだ。
水門のある末田須賀堰近くの、つきのき広場から出発した屋形船は、大野島水管橋の辺りまで遡った。
ここは児玉南柯が「天の川こぐ船」と歌った歌枕である。
船はUターンして第六天神社に到着した。船から見る神社の玉垣は、大戸八景一つで見応えがあった。
神社では、南柯の七夕の舟下りにちなんで、境内の藤棚に願い事を書いた短冊を結びつける催しを行った。
春は藤の花、夏は五色の短冊が藤棚を彩った。
まつり初日は、第六天神社の帆掛け舟白い帆を上げて川に出た。
岩槻古城八景にも描かれた帆掛け舟は美しく、見る人を引き付けていた。
(第66回)

 

風信人の旅『元荒川和船まつり』プラス
白岡市で川の講演

平成29年8月19日、白岡市の歴史会で、筆者が講演を行った。
予め、同市教育委員会から「元荒川について」という題をいただいていた。
約一時間の講演では、元荒川が荒川水系と利根川水系であること。児玉南柯の七夕の船下りと和歌。
春の元荒川感謝祭、夏の灯火船、和船まつり。大戸八景などについて話した。
白岡では、星川が元荒川に合流していること。
かつて、蓮田と岩槻の間を流れていた日川(にっかわ)が元荒かと合流していたこと。
そして児玉南柯が元荒川を「天の川」と詠んだことを紹介。
元荒川は天体にゆかりのある川であり、各市が川でつながっているので「協力して川の文化を創っていきましょう」と締め括った。
(第42回)

帆掛け舟を高台に建つ諏訪神社 左は神楽殿追い抜く屋形船 川名 栄 撮影

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2018-10-9

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム 掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★ [c…
  2. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る