風信人の旅『元荒川和船まつり』

静かなすずみ湖と帆掛け舟
静かなすずみ湖と帆掛け舟 川名 栄 撮影

今夏行われた元荒川和船まつりでは、多くの人が屋形船に乗船し、すずみ湖の遊覧を楽しんだ。
水門のある末田須賀堰近くの、つきのき広場から出発した屋形船は、大野島水管橋の辺りまで遡った。
ここは児玉南柯が「天の川こぐ船」と歌った歌枕である。
船はUターンして第六天神社に到着した。船から見る神社の玉垣は、大戸八景一つで見応えがあった。
神社では、南柯の七夕の舟下りにちなんで、境内の藤棚に願い事を書いた短冊を結びつける催しを行った。
春は藤の花、夏は五色の短冊が藤棚を彩った。
まつり初日は、第六天神社の帆掛け舟白い帆を上げて川に出た。
岩槻古城八景にも描かれた帆掛け舟は美しく、見る人を引き付けていた。
(第66回)

 

風信人の旅『元荒川和船まつり』プラス
白岡市で川の講演

平成29年8月19日、白岡市の歴史会で、筆者が講演を行った。
予め、同市教育委員会から「元荒川について」という題をいただいていた。
約一時間の講演では、元荒川が荒川水系と利根川水系であること。児玉南柯の七夕の船下りと和歌。
春の元荒川感謝祭、夏の灯火船、和船まつり。大戸八景などについて話した。
白岡では、星川が元荒川に合流していること。
かつて、蓮田と岩槻の間を流れていた日川(にっかわ)が元荒かと合流していたこと。
そして児玉南柯が元荒川を「天の川」と詠んだことを紹介。
元荒川は天体にゆかりのある川であり、各市が川でつながっているので「協力して川の文化を創っていきましょう」と締め括った。
(第42回)

帆掛け舟を高台に建つ諏訪神社 左は神楽殿追い抜く屋形船 川名 栄 撮影

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

インフォメーション

  1. 2024-6-12

    睡眠不足がもたらす健康リスクとは?⑤

    睡眠不足と認知症の関係 ・睡眠不足が認知症のリスクを高める可能性があるとされています。 -・睡眠…
  2. 2024-6-12

    仮設住宅の建設が進む石川県

     石川県内には、続々と仮設住宅が建設されています。 5月8日現在、5771戸の仮設住宅が着工されま…
  3. 2024-6-12

    柏崎小学校 PTA会長としての想い④

     2024年4月、柏崎小学校に大塚校長先生が着任され、新たな風が吹き始めています。 大塚校長先生は…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 今回は岩槻の地域活性化を目指して開催されていたリノベーションスクールと、その参加者で計画して今年オー…
  2. [caption id="attachment_22182" align="alignleft" w…
  3. 先回、ハンディキャップについて書きました。社会的不利です。 今回は、社会が人を不幸にするかもしれな…
  4. コロナ禍が終息に向かう昨今、引き続きテレワークや在宅勤務を続けている人も多いです。 3つあるテレワ…
  5. [caption id="attachment_22137" align="alignright" …
無料イラスト素材【イラストAC】

岩槻について

  1. 睡眠不足と認知症の関係 ・睡眠不足が認知症のリスクを高める可能性があるとされています。 -・睡眠…
  2. ぼくがいたずらすると怒られる。 ゲームをやりすぎても怒られる。 でも、ママの機嫌のいい時は怒られ…
  3. 2024/6/11

    今月の短歌
    しきなみ短歌、5月例会の高点歌(四首) 腕広げ 糸巻く 毛糸巻した 懐かしき 日のあり夫と 木綿…
  4.  岩槻区金重に住む藤園豊さんは、九州出身で音楽の世界を目指して上京した。 バンドを組んで活動し…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る