花にまつわる意味とお話 朝顔

タマコチ

朝顔は夏の風物詩として有名です。
小学生の頃に育てた経験をお持ちの方も多いかと思います。
朝のうちだけ開花するのが特徴で、開花期は6〜10月頃です。
語源は朝に咲く美しい花という意味で、英名は「モーニンググローリー」といいます。
古代の中国では薬で牛と取引されるほど高価でしたが、花の美しさから観賞用となり、平安時代には庭にも栽培されていたようです。
江戸時代なると、いわゆるブームの到来。
かの千利休もその美しさを伝えたという逸話があるようです。
花言葉として代表的なものは「はかない恋」。
朝に咲いて、昼頃にしおれてしまう姿に由来します。
一方で、ツルを支柱に絡ませる姿から「固い絆」という花言葉もあります。
また、色が変われば花言葉も変わるのは、朝顔ならではの面白いところです。
青く色付いた際の花言葉「はかない恋、短い愛」。
朝顔は七夕の頃に咲くことから、朝顔の咲いた日は、年に一度、彦星と織姫が出会えた縁起の良い日といわれます。
そういえば彦星と織姫の伝説もはかない恋の物語ですね。
紫に色付くと、花言葉は「冷静、平静」となります。
赤と青の混ざった色であり、心身のバランスを整える紫色には「冷静」がぴったりですね。
さらに、白く色づいた朝顔には「固い絆、あふれる喜び」という花言葉がもたらされます。
ツルの特徴に由来する「固い絆」の花言葉は、純粋無垢な白のイメージからでしょうか。
尚、英名の「モーニンググローリー」は花以外にも同名の音楽と気象現象があります。
オアシスというバンドのアルバムと朝方に現れる巨大なロール状の雲の帯です。
一つの言葉でこれだけ意味が別れているというのも、何だか不思議ですね。
【大野弘紀】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る