空は一晩で1年が見える 冬の一等星たちが輝く2月

2月に入ると、冬の一等星たちが日没直後からよく見えるようになり、頭上から南天の夜空を華やかに飾ります。
その少し西側には火星もまだ一等星の明るさで輝いています。
冬のダイヤモンドの外側には、星団「すばる」も見えます。
火星は日々、すばるに近づいて行き、3月の初め頃にすばるの横をかすめて通過します。
夜空にはしし座、北斗七星が見えやすくなってきて、春のきざしが感じられるようになります。
もっとも高くまで太陽が昇る日を夏至、もっとも低くまでしか昇らない日を冬至といいますが、古い暦ではそれぞれ夏の真ん中、冬の真ん中の日とされていました。
冬至から夏至への中間となる春分の日を春の真ん中ととらえ、冬至と春分の中日を立春、春分と夏至の中日を立夏とし、立春から立夏までを春ととらえていたのです。
中国から様々な影響を受けてきた日本では、以前は、立春の頃が1年の始まりとなる暦を使っていました。
中国では現在も、旧正月を春節として祝っており、日本でも年賀状に「迎春」と書く風習が残っています。
地球は太陽の周囲を回り、暑くなっても寒くなっても季節は巡り、元に戻ります。
「1年の始まりの日」には意味はなく、どの日でもよいのです。
季節は変化するもので、星座も一晩眺めていれば3季節分を見られますし、日々、少しずつ変化します。
古来、日本では「きざし」をとらえることを大切にしてきました。
北の空には季節によらず動かぬ北極星も見えます。
動かぬものと巡るもの。
その両方に囲まれて、私たちは安定していられているのかもしれません。
【さかい】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2020-5-25

    コロナで使えるLINEスタンプ

    コロナで使えるLINEスタンプ 医療関係者に感謝、テレワークで使えるLINEスタンプの紹介です! …
  2. 珠花散骨

    2020-2-27

    春日部小淵山観音院にお参りの出来る散骨OPEN!

    お参りの出来る散骨OPEN! 春日部で由緒ある小淵山 正賢寺 観音院にて珠花散骨とペットの合祀墓、…
  3. WEBらうんじ出店希望

    2019-6-10

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★[conta…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間で…
  2. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  3. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  4. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  5. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る