秋の夜長を照らす月 そこに住むうさぎの逸話

らうんじ【岩槻】特別編集ページtamakoti

秋といえば月。
中秋の名月という言葉がありますね。
月見のお供えものといえばお団子がやはり思い浮かびます。
月の満ち欠けは新月と満月を15回の夜の周期で繰り返します。
この満ち欠けによって出来た暦が太陰暦(現在でいう旧暦)です。
平安時代には月の美しさを愛でて歌いましたが、農民は月の満ち欠けで農作業を行い、秋の収穫期になると感謝の意味を込めて米で作った団子を月に供えをしていました。
この風習がお祭りとなって、現在の「十五夜」という形になっていきました。
月といえばうさぎ。
影が「うさぎが月で餅つきをしているように見える」のは日本固有の見方で、中国ではうさぎは不老不死の薬を作っているそうです。
うさぎと月の関係について有名なのがインドの「ジャータカ」という仏教説話です。
昔、森にカワウソ、サル、山犬、うさぎの4匹がいました。
帝釈天は、僧侶の姿となり、彼らがどのように善行を行うのか試しました。
それぞれの動物たちが自分にできることを活かして差し出せるものを見つける中、うさぎだけが何もしてあげれないと思い、僧侶に自分を差し出そうとしました。
火の中に飛び込んだうさぎでしたが、うさぎはやけどさえ負わなかったのです。
僧侶はうさぎの行いをほめたたえ、山々から泥を絞り出し、月の表面にうさぎの姿を描きました。
現代風に解釈すると「情けは人の為ならず」ということでしょうか。
善い行いを見ているのはお日様ではなく、お月様かもしませんね。
【tomo・kun】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

インフォメーション

  1. 2024-6-12

    睡眠不足がもたらす健康リスクとは?⑤

    睡眠不足と認知症の関係 ・睡眠不足が認知症のリスクを高める可能性があるとされています。 -・睡眠…
  2. 2024-6-12

    仮設住宅の建設が進む石川県

     石川県内には、続々と仮設住宅が建設されています。 5月8日現在、5771戸の仮設住宅が着工されま…
  3. 2024-6-12

    柏崎小学校 PTA会長としての想い④

     2024年4月、柏崎小学校に大塚校長先生が着任され、新たな風が吹き始めています。 大塚校長先生は…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 今回は岩槻の地域活性化を目指して開催されていたリノベーションスクールと、その参加者で計画して今年オー…
  2. [caption id="attachment_22182" align="alignleft" w…
  3. 先回、ハンディキャップについて書きました。社会的不利です。 今回は、社会が人を不幸にするかもしれな…
  4. コロナ禍が終息に向かう昨今、引き続きテレワークや在宅勤務を続けている人も多いです。 3つあるテレワ…
  5. [caption id="attachment_22137" align="alignright" …
無料イラスト素材【イラストAC】

岩槻について

  1. 睡眠不足と認知症の関係 ・睡眠不足が認知症のリスクを高める可能性があるとされています。 -・睡眠…
  2. ぼくがいたずらすると怒られる。 ゲームをやりすぎても怒られる。 でも、ママの機嫌のいい時は怒られ…
  3. 2024/6/11

    今月の短歌
    しきなみ短歌、5月例会の高点歌(四首) 腕広げ 糸巻く 毛糸巻した 懐かしき 日のあり夫と 木綿…
  4.  岩槻区金重に住む藤園豊さんは、九州出身で音楽の世界を目指して上京した。 バンドを組んで活動し…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る