コラム ココロとカラダの薬箱 「親子で一緒に楽しむ」

前回は「よい汗をかくとは」というお話しをしました。よい汗をかくとは親子でいっしょに遊び楽しむことでもあります。子どもにとって遊びは「仕事」と言われるほど重要です。子どもは遊びを通じて自身の感情コントロールや問題解決の方法を学びます。みなさんの中には日常的に子どもとよく遊ぶと言われる方が多いと思われます。

親の立場からすると子どもと遊んだとは、『遊んであげた』こと。子どもの立場では『遊んでもらった』になります。同年代の子ども同士では『遊んだ』になります。一方で一人っ子家庭が増えています。クラスの半数が一人っ子かもしれません。昨今の傾向として、同年齢の子どもとうまく遊べないが、年上の子どもとはうまく遊べる子どもが増えていると言われます。言いかたを変えれば、一緒に遊ぶのは苦手でも遊んでもらうのは上手ということです。周囲が大人たちばかりであれば、必然的に『遊んでもらう』のが上手になります。『周囲にあわせることが苦手・わがまま』な子どもの中には、年少期のこの体験があるかもしれません。そこで、子どもの情緒・社会性などを発達させるには、日常的に子どもとよく遊ぶだけではなく親子で一緒に楽しむ。「〜してあげる」ではなく「一緒に〜して楽しむ」の姿勢が重要です。先ず、年齢に関係なく子どもには問題解決する能力があることを再認識してください。例えば、2〜3歳であっても隣で泣いている子がいると自分のおもちゃを貸してあげる。既に問題解決の能力を身に付けているのです。
 次に子どもが遊びの中で見せる様々な表情(ケンカをしたり物を壊すなどの不適切な行動)に対して、親としてどのような態度、行動をとるかということです。子どもの感情(泣きわめく)に親の感情(一方的に叱る)をぶつけていませんか。その場で「良い・悪い」の価値評価をしていませんか。ここがポイントです。子ども自身の問題解決能力を信頼してくださ。 お知らせです。子育てお役立ち情報、5分間のユーチューブラジオ「ふじのラジオ」がはじまりました。【NPO法人親子ふれあい教育研究所代表・藤野信行(元大学教授心理学)】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2024-2-11

    睡眠不足がもたらす健康リスクとは?

    ここ最近、異常気象の影響か、体調を壊す人が増えてます。 「一度起きると寝れない」とか、「睡眠導…
  2. 2024-2-11

    断水に苦しむ能登地震の被災地

    「元旦の大きな揺れで、避難所となっているこの体育館に駆け込んだ。でもここには水も食料もなかった。 …
  3. 2024-2-11

    「まちあわせ」

    まちづくりユニット「まちあわせ」が岩槻のさまざまなまちづくりを紹介するこのページ。今回も岩槻区内で活…

『らうんじ』からの募集・告知

  1.  今回は、すぐさま命に別条があるわけではないので、服薬治療を続ければ天寿を全うできるけれども、かなり…
  2. イベント情報
    心のときめきを自分の言葉で短歌にしてみましょう。 【日時】3月17日(日)13:30 から 15:…
  3. イベント情報
    皆さんの人生は「選択」の連続だったに違いありません。 日々の選択は何を基準にし…
  4. イベント情報
    ◇史跡めぐり「中山道鴻巣宿を歩く」 【日 時】 3 月 3 日(日) 午前中 【集 合】 岩槻駅…
  5. イベント情報
    岩槻区を中心として市民活動に関心のある方など様々な立場の人が気軽に集まり、岩槻をより活性化させるため…

岩槻について

  1. ◆図形の問題  色のついた三つの正三角形があります。図のように頂点同士を線分で結んだときにできる三…
  2. イベント情報
    下山静香(ピアニスト)が魅せる「中南米名曲コレクション」昨今注目度 が上がってきた中南米のクラシッ…
  3. 健康でいるために、どの様な運動がいいの? 有酸素運動(有酸素エクササイズ) 有酸素運動は 、心肺…
  4. 運動が健康によい理由【前編】 健康的な運動は、健康な生活をサポートする大切な要素です。 自分の目…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る