ご存知ですか? 「七夕」の由来

七夕は五節句のひとつです。
願いごとを書いた短冊や飾りを笹の葉につるし、星にお祈りをする習慣が今も残ります。
七夕の起源については3つの伝統や伝承が合わさったものと言われています。
1つ目は、日本の神事であった「棚機(たなばた)」。
日本古来の禊ぎ行事で、乙女が着物を織って棚にそなえ、神さまを迎えます。
着物を織るのに使われたのが「棚機」(たなばた)」という織り機です。
続いて、こちらは有名なおりひめとひこぼしの伝説。
中国古来の行事です。
琴座のベガ・織女(しゅくじょ)星は裁縫の仕事を、鷲座のアルタイル・彦星は農業の仕事を、それぞれ司ります。
旧暦の7月7日に天の川をはさんで最も光り輝いているように見えることから、この日を1年に1度の逢瀬と考え、みなさんよくご存知である七夕のストーリーが生まれました。
そして最後は、奈良時代に中国から伝来した「乞巧奠(きこうでん)」です。
「乞巧奠」は、中国の行事で7月7日に織女星と彦星の逢瀬を祝い、はた織りや裁縫、または習い事などが上達するようにとお祈りをする行事です。
今年はどんな願い事をしましょうか。
もしも叶ったのなら、それは、星からのプレゼントかもしれないですね。
【tomo・kun】

~おまけ~
「笹・竹の意味」
冬でも緑を保ち、生命力にあふれた笹や竹には不思議な力があると言われてきました。
神を宿すことができるとも言われています。
「五色の短冊の意味」
中国の陰陽五行説にちなんだ「青、赤、黄、白、黒」。
「木=青・火=赤・土=黄・金=白・水=黒」を表しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 共栄大学ジャズサークル
    共栄大学ジャズサークル 紺野トリオ 「岩槻駅東口クレセント・モール」で平成30年…
  2. かみしもどーる
    清水勇人さいたま市長への贈呈式の様子 岩槻人形協同組合と文京学院大学との連携により誕生した…
  3. 朝顔市
    昨年開催の様子 平成30年7月1日(日)の午前9時から午後2時まで、岩槻駅東口クレセントモ…
  4. 元荒川と黒浜の田んぼ。 東岩槻の工業団地を西へ抜けると、蓮田市黒浜の田んぼが広がる。 元荒川( …
ページ上部へ戻る