ご存知ですか? 「父の日」の由来

6月になると梅雨の時期に入ってきますね。
通りを赤や青の紫陽花が雨を優しく彩ります。
6月の第三日曜日といえば「父の日」です。
世界的には父の日はばらばらですが、起源はアメリカにあるようです。
1900年頃、アメリカ・ワシントン州に住むソノラ・スマートドットという女性が、教会の牧師に彼女の父の誕生日である6月に礼拝をお願いしたのが始まりといわれています。
軍人の父が南北戦争に召集されると母は女手一つで6人の兄弟を育てました。
戦争が終り父が返ってくると、過労のためか、母は亡くなってしまいます。
その後、父は1人で6人を育てますが、その父も子供たちが全員成人したのを見届けるように亡くなってしまいました。
ソノラは母の日があるなら父に感謝する日があってもよいはずだと教会牧師に嘆願書を提出したのです。
日本では1950年頃から広まり始め、1980年代に一般的になりました。
デパートなどが父の日を販売戦略としてイベント化したのが発端のようです。
母の日にはカーネーションですが、父の日はバラです。
由来はドット夫人が父親にバラを贈ったためと言われています。
母の日の影に埋もれているような気がする父の日……。
父親に感謝をし、敬う意味を込めて、何を贈りましょう。
私の父はなかなか自分のことを話したがりません。
喜びそうなものと言えば、思いつくのはビールでしょうか…。
【tomo・kun】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る