あなたの心にきっと届く 新鋭作家の紡ぎ出すポエム 詩人=大野弘紀

あなたの心にきっと届く新鋭作家の紡ぎ出すポエム
詩人=大野弘紀


 

「その木について」
~とまりぎによせて~

海原のような
草原の彼方

風がそよぐ
草の音が響き渡る

音色に耳を澄ませる
立ち尽くす一本の木

雲が青空を横切る
鳥の鳴き声がする

風が吹けば
木の葉が散るように 鳴る

旅人が一人
やってきて
腰を下ろして
言葉を歌う

出会った星の滴と
打たれた雨と
焦がれた朝陽を
詞にしよう

困難も喜びもすべて散りばめて

聴く人は誰もいない
その木のほかには

「その旅人について」
~その木によせて~

最初に見た夢を
追いかけるように

いつか願った
誰かの手を
探すように

人は旅を始めた

立ち止まることなく
過ぎ去る景色を
思い出にして

変わり続ける願いに
自分が分からなく
なりながら


見失った自分を
いつか出会った人が
教えてくれた

痛みを気づきにして
発見に胸を高鳴らせ
旅は続いていく

見つかっても
見つからなくても
この旅は楽しかった
そう言える人生を

旅人はその木に
寄りかかって
詩を 歌う

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る