ダンサー・SAM氏 岩槻への思いを語る

平成29年2月25日、大宮ソニックシティで行われた日本心臓リハビリテーション学会による「第1回 関東甲信越支部地方会」で、岩槻出身のダンサー・SAM氏による「ダレデモダンス」のワークショップが開催された。
会場には、200名にも及ぶ医療関係者が参加。
踊ることにより体や脳を活性化させる「ダレデモダンス」のアクティブシニア世代向けプログラムに汗を流した。
そして、イベント終了後にSAMさんへのインタビューを敢行。
岩槻出身者の一人として、街の思い出や内に秘めた思いを伺った。

<SAMさんプロフィール>

15歳でダンスに目覚め、単身ニューヨークへ留学。
複数ジャンルのダンスを習得したのち、TRFのメンバーとして活躍。
コレオグラファーとして様々なアーティストの振り付けを担当するほか、現在、一般社団法人 ダレデモダンスの代表理事も務める。

◆ SAMさんインタビュー ◆

――今はどれほどの頻度で帰られていますか?
ワークショップでは3ヶ月に1回ほど。
ただ、実家があるので月に1回ほどは帰ってきます。

――ご多忙な中、以前から岩槻へ帰られる機会は多かったのですか?
高校卒業後に実家を出てからは、忙しくて何年も帰れなかったときもありました。
TRFで慌ただしかった当時はそれこそ、正月に帰れるか帰れないかのようねペースでしたね。
その当時と比べると、時折、顔を見せられるようになりました。

――子どものときはどのように過ごしていましたか?
もう岩槻では野山を駆け回っていました(笑)。
それこそおはやし公園(岩槻城址公園の通称)はメインの遊び場でしたよ。
あとは、鐘つき堂ですね。

――時の鐘ですね。
そうです。
太田道灌が造ったという歴史ある文化遺産ですよね。
今振り返ると、貴重であるにもかかわらず中に基地を作ったり、無茶をしていましたね。

――岩槻へ何か特別な思いはありますか?
最近、雛人形を買いに行ったときに思い出したんですよ。
日本の伝統文化である「人形づくり」というのは岩槻ならではのものなのでもっと、よい切り口でアピールできないかと考えますね。

――ちなみに他の地域の方とお話するとき、岩槻の評判を耳にする機会はありますか?
やはり「人形のまち」という名前はよく聞きます。
大宮と春日部の間だと説明する機会も多いですね。

――最後に、これからの岩槻へ求めるものはありますか?
元気な街になってほしいですね。
ワークショップを通して年配の方とふれあう機会も多くなり、ダレデモダンスもそのきっかけに繋がればと願います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2018-10-9

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム 掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★ [c…
  2. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 先に行われた「重陽の節句」イベントでは、市松模様の衣装を着た人形が展示されていましたが、2020年に…
  2. 2018/11/10

    コスモス祭り
    南下新井  コスモス祭り   (10 月20~21 日) 日本の秋の代表的な花にコスモスが…
  3. 釣上地区で行われた子どもたちの土俵入り 日本の国技である相撲。 岩槻にもその伝統を継ぐ行…
  4. 孔雀の舞尾羽根を広げて舞う 様子(写真提供:久伊豆神社) 宮町の久伊豆神社では、1938(…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る