アーカイブ:2020年 6月

  • インコのモルちゃんを探しています

    今回は迷子のご紹介です。 つるたさんより、セキセイインコのモルちゃんです。 体長は20センチメートルないくらいで、イメージとしてはスズメよりも一回り大きいくらいです。 クチバシが黄色で顔は白、体は青です。 …
  • 今月21日に迎える夏至 夏の星空もにぎやかに

    6月後半に迎える夏至(2020年は6月21日)は、一年でもっとも昼が長くなる日です。 一方で、そこから夏にかけては夜が短くなり、20時半頃を過ぎると夜空の星たちがだんだんハッキリと見えてきます。 東の空でまず輝き…
  • ジャズと教育「新しい形で」

    コロナ禍で今まで当たり前だと思っていたいとがとても大切だと分かったことがいくつもありました。 その一つが「共感」です。 ゴリラ研究の第一人者である山極寿一氏は「音楽」を例に出し「このように『共感』ができるのは人間だけ…
  • 人形作家の過去 展示会までに悪戦苦闘…

    こんにちは、ゆうきです。 今回も前回に引き続き「伝統工芸士とわたし」をテーマに、「人形作家ゆうき」として歩き始めた私についてお話していこうと思います。 「工房ゆうき」を立ち上げ、人形の形・衣装の配色など、試作を重ねる…
  • 出荷を待つ花々 今年は寂しさも募る

    浦和美園地区は、まだまだ園芸のさかんな地域だ。 春先から夏にかけても、時季に沿った花や植木などを出荷して、生計を立てている農家を各所でみかける。 ところが、今年は事情が異なった。 新型コロナウイルスの感染拡大により…
  • 目白大学の地域交流イベント 「流しそうめんと竹炭」

    現在、本学では遠隔授業が実施され、学生が大学にいない日々が続いていてキャンパスは静かです。 私は遠隔授業のかたわら、学内の竹林整備に励んでいます。 その学内の竹を活用した地域交流イベント流しそうめんを毎年夏に開催して…
  • 感染症の大きな影響 生活の変容を通じて前へ

    目に見えない脅威「新型コロナウイルス感染症」への不安が、こうも社会生活に影響を与えるとは思ってもみなかったのではないだろうか。 今年に入り、中国・武漢市での感染が報じられてから、瞬く間に世界中に広がり大勢の感染者と死者…
  • 市民団体「愛風」 少子高齢化でお手伝い

    こんにちは! 愛風(あいあい)です。 岩槻区愛宕町に事務所を構え、区の市民活動ネットワーク登録団体でもあるNPO法人です。 事業を立ち上げてから18年目。何をしているかといいますと…。 わが家で生活し続けたいけれど…

インフォメーション

  1. 2020-5-25

    コロナで使えるLINEスタンプ

    コロナで使えるLINEスタンプ 医療関係者に感謝、テレワークで使えるLINEスタンプの紹介です! …
  2. 珠花散骨

    2020-2-27

    春日部小淵山観音院にお参りの出来る散骨OPEN!

    お参りの出来る散骨OPEN! 春日部で由緒ある小淵山 正賢寺 観音院にて珠花散骨とペットの合祀墓、…
  3. WEBらうんじ出店希望

    2019-6-10

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★[conta…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間で…
  2. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  3. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  4. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  5. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る