30周年目前の節分祭 武蔵第六天神社

岩槻区大戸地区にある武蔵第六天神社は、天明2年(1782年)に創建された由緒ある史跡だ。
神社は元荒川沿いで、わずかに奥まった高台にある。
その光景はさながら「岩槻の奥座敷」といったところか。
神社の前には、鰻屋さんや小料理屋さんが軒をつらねていて、参拝客の憩いの場として利用している人たちも多い。
そんな第六天神社の「節分祭」では、初めて年男や年女になった今年で12歳を迎える小学6年生の子たちが社へ上がり、天狗のお面をかぶって豆まきをしていた。
昔ながらの風習も薄れゆくなか、神社では来年で30周年を迎えるという。
今年、豆まきに参加した女子生徒の一人は「これまではやぐらの下から眺めていたけど、今年は自分が上がれたので大人になった気分でした」と笑顔で答えてくれた。
節分祭を催す宮司の高梨儀樹さんは「毎年、協力企業のエフエスシー(株)さんから餅をいただき、近隣の川通料理飲食組合奉仕会の方々が中心となって、お菓子やカップ麺などを奉納していただけるので、感謝でいっぱいです」と語っていた。
川通料理飲食組合の組合長・金子昭さんは「始めた頃は人もまばらでしたが、近年は遠くをみてもたくさんの人たちが押しかけてくれてうれしいです」と話し、「私たち組合員としては、後継者が一人でも多く参加してくれるのを願うばかり」と今後を見据えていた。
神社では、春になると桜や藤、牡丹なども咲き誇り、一年を通して四季折々の風情を味わえる。
一度、足を運んでみるのはいかがだろうか。
【増田啓子】

武蔵第六天神社「節分祭」(2020年2月3日)
武蔵第六天神社「節分祭」(2020年2月3日)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 珠花散骨

    2020-2-27

    春日部小淵山観音院にお参りの出来る散骨OPEN!

    お参りの出来る散骨OPEN! 春日部で由緒ある小淵山 正賢寺 観音院にて珠花散骨とペットの合祀墓、…
  2. WEBらうんじ出店希望

    2019-6-10

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★[conta…
  3. 2019-6-10

    福祉作業所「ふくふく」

    【参加予定】8/18㈰岩槻祭り(市宿通り) 8/31㈯目白大学流しそうめん地元の福祉作業所「ふくふく…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間で…
  2. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  3. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  4. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  5. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る