郷土資料館_01:清浦奎吾の書

岩槻郷土資料館には、さいたま市や岩槻に関係のある資料の寄贈があります。
ここ数年間に資料館に寄贈された資料を「新収蔵品展」として平成30年9月15日(土)から10月8日(月・祝)までの期間に展示します。
今回は、この新収蔵品展に展示予定の「清浦奎吾の書」を紹介していきましょう。
この書は中央に「忠孝」と縦書きで書かれ、左下に「正二位奎吾」と朱印の「清浦奎吾」、「八十翁」の落款が見られます。
縦75・5cm、横40・5cm額装となっています。
落款に「八十翁」とあることから清浦奎吾80歳の書とみられ、数え年齢から昭和4(1929)年のものと考えられます。
清浦奎吾は、貴族院議員、司法・農商務・内務大臣、枢密院議長などを歴任し、大正13(1924)年1月に第23代内閣総理大臣として就任した政治家です。
埼玉県やさいたま市と深い関係をもっており、明治5(1872)年に上京し、風渡野小学校(現在のさいたま市見沼区)の校長に就任しました。
その後埼玉県に出仕し、学制改正局の基礎作りに尽力されています。
清浦奎吾の書はこの他、さいたま市立三室小学校(緑区)、同七里小学校(見沼区)に残されています。
三室小学校の書はもたらされた経緯が三室小学校校長を勤めた厚澤八郎氏の日記で明らかされています。
岩槻郷土資料館の書についても、その経緯を明らかにしていく必要があり、今後の課題といえるでしょう。

清浦奎吾の書
清浦奎吾の書

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る