日本一長い「山手トンネル」 その防災施設は?

水噴霧設備
水噴霧設備

2015年3月7日に開通した首都高速中央環状線「山手トンネル」。
道路トンネルとしては日本一長い18・2kmを誇ります。
ところで、事故や火災に備えての施設はどうなっているのでしょうか?
トンネル上部には100m間隔でテレビカメラが設置され、管制室で24時間体制で監視されています。
さらに、非常電話は約100mの間隔で設置され、受詩器を取ると自動的に管制室につながります。
受話器をとり、通話ランプが点灯してから「故障」「事故」「救急」「火災」のいずれかのポタンを押すことで、管制室に用件が伝わります。
非常口は350m以内に1か所設置され、ドアを開けると地上につながる非常階段の入り口となります。
階段を上ることが困難な方は、非常電話で連絡すると、係員がSOSと書かれている待機場所まで迎えに来てくれます。
消火器や簡単に扱える泡消火栓は約50mの間隔で設置され、施錠されていないため緊急時には誰でも使用することができます。
泡消火栓にはホースが75mもあり、かなりの範囲で消火活動ができます。
しかしながら、トンネル火災では煙の充満が早くて危険なため、首都高速道路株式会社では「無理のない範囲での消火活動」と早めの避難を呼びかけています。
事故が発生して停止する場合は、緊急車両が通れるように道路の中央部を開け、左右の壁に寄せて駐車することが肝心です。
また車を置いて避難するときは、鍵を付けたままにすることを忘れてはいけません。
山手トンネルの防災安全
【さいたま市防災アドバイザー・加倉井誠】

消火器、泡消火栓、押しボタン式通報装置
消火器、泡消火栓、押しボタン式通報装置
非常口と非常電話
地上へ通じる非常階段
地上へ通じる非常階段

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 共栄大学ジャズサークル
    共栄大学ジャズサークル 紺野トリオ 「岩槻駅東口クレセント・モール」で平成30年…
  2. かみしもどーる
    清水勇人さいたま市長への贈呈式の様子 岩槻人形協同組合と文京学院大学との連携により誕生した…
  3. 朝顔市
    昨年開催の様子 平成30年7月1日(日)の午前9時から午後2時まで、岩槻駅東口クレセントモ…
  4. 元荒川と黒浜の田んぼ。 東岩槻の工業団地を西へ抜けると、蓮田市黒浜の田んぼが広がる。 元荒川( …
ページ上部へ戻る