帽子考 文=加藤三郎(2018.11月)

最近さすがにメーカー名の入った野球帽を被っている人は少なくなりましたが、地域の集まりで帽子を被ってくる人の大半は野球帽型の帽子です。
あまり一般的ではありませんが、文士、芸術家、の間で「ベレー帽」が流行したことがありました。
フランスのバスク地方の人々が藍義太丸くてつばのない帽子です、バスク地方の位置はピレネー山脈の西側のスペインとの国境あたりで独特の文化を持っていました。
比較的厚地の生地で作られており、日本ではラシャ、あるいは毛糸で編まれたものが使用されていました、あの有名な作詞家のサトウハチロー氏のトレードマークともいえる、ベレー帽姿はよく神田のレストランでお目にかかったことがあります。
戦後に流行った音楽喫茶の片隅にで芸術家風の若者がベレー帽を被って、クラシック音楽を聴きながら、瞑想にふけっている姿をよく見かけました。
もう一つ、最近は死語に近くなった帽子に「ナイトキャップ」があります。
これは就寝中の髪の乱れ、或いは整髪料が枕カバーにつくのを防止するためだったようですが、少年俱楽部に連載され人気を博した田川水泡の似顔絵にメッシュのナイトキャップを被りペンをもつ姿が描かれていました。
さらに、ナイトキャップにはもう一つ意味があります、ヨーロッパではブランデーの別名としてシャレて使われています、つまり日本で言えば寝酒です、これはなんのかんのと理由を付けて男性諸氏の間で今も流行っていることです。
<次号へ続く>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2019-6-10

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★[conta…
  2. 2019-6-10

    福祉作業所「ふくふく」

    地元の福祉作業所「ふくふく」が 岩槻の新しいおみやげ品作り[caption id="attachme…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  2. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  3. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  4. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る