岩槻郷土資料館だより64「ミミズク土偶」

土偶は、粘土を焼いて作った人形であり、女性を表したものといわれています。
縄文時代の初め頃から、みられます。
早期から前期では、土偶は少なく、前期後半から中期になると、東北地方や中部地方を中心に増加していきます。
特に中部地方では中期に立体的な土偶が増え、土偶を使ったまつりなどが行われたといわれています。
関東地方では後期の後半から晩期にかけて土偶が増加し、後期後半から晩期にかけて「ミミズク土偶」と呼ばれる土偶がみられるようになります。
特にさいたま市のある大宮台地では、縄文時代後期の終わり頃から晩期にかけてたくさんつくられたようです。
真福寺貝塚を初めとして、馬場小室山遺跡(緑区)、東北原遺跡(見沼区)、など市内にはこの時期の遺跡が多く、ミミズク土偶がたくさんみつかっています。
ハート形の輪郭の顔に、刻みをもった丸い目や口が表現され、ミミズクに似ていることからこのように呼ばれています。
顔の両側の耳の部分にも円形の表現がみられ、耳飾りを付けた状態を表し、また頭に見られる瘤状や角状の突起は、結った髪や櫛などを表現しているともいわれ、縄文人たちの装いをうかがえるようです。
現在、東京国立博物館にある「真福寺」のミミズク土偶は、高さ二〇・五㎝、ほぼ完全な形をとどめています。
全体的に赤く塗られていたようです。
ミミズク土偶の優品であり、昭和三二年二月一九日に国の重要文化財に指定されています。
やがて晩期の中葉になると東北地方の影響を受け、遮光器土偶をまねたものや、遮光器土偶のように中空になったミミズク土偶もみられるようになりますが、全体的に土偶は少なくなっていきます。
一一月後半から岩槻郷土資料館では、「真福寺貝塚の今とこれから」という展示を行い、最近みつかった真福寺貝塚のミミズク土偶や土器などを展示します。
また関連の講座も行っていく予定です。

▲黒谷田端前遺跡(右)真福寺貝塚(左)で見つかったミミズク土偶

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

インフォメーション

  1. 2024-2-11

    睡眠不足がもたらす健康リスクとは?

    ここ最近、異常気象の影響か、体調を壊す人が増えてます。 「一度起きると寝れない」とか、「睡眠導…
  2. 2024-2-11

    断水に苦しむ能登地震の被災地

    「元旦の大きな揺れで、避難所となっているこの体育館に駆け込んだ。でもここには水も食料もなかった。 …
  3. 2024-2-11

    「まちあわせ」

    まちづくりユニット「まちあわせ」が岩槻のさまざまなまちづくりを紹介するこのページ。今回も岩槻区内で活…

『らうんじ』からの募集・告知

  1.  今回は、すぐさま命に別条があるわけではないので、服薬治療を続ければ天寿を全うできるけれども、かなり…
  2. イベント情報
    心のときめきを自分の言葉で短歌にしてみましょう。 【日時】3月17日(日)13:30 から 15:…
  3. イベント情報
    皆さんの人生は「選択」の連続だったに違いありません。 日々の選択は何を基準にし…
  4. イベント情報
    ◇史跡めぐり「中山道鴻巣宿を歩く」 【日 時】 3 月 3 日(日) 午前中 【集 合】 岩槻駅…
  5. イベント情報
    岩槻区を中心として市民活動に関心のある方など様々な立場の人が気軽に集まり、岩槻をより活性化させるため…

岩槻について

  1. ◆図形の問題  色のついた三つの正三角形があります。図のように頂点同士を線分で結んだときにできる三…
  2. イベント情報
    下山静香(ピアニスト)が魅せる「中南米名曲コレクション」昨今注目度 が上がってきた中南米のクラシッ…
  3. 健康でいるために、どの様な運動がいいの? 有酸素運動(有酸素エクササイズ) 有酸素運動は 、心肺…
  4. 運動が健康によい理由【前編】 健康的な運動は、健康な生活をサポートする大切な要素です。 自分の目…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る