岩槻郷土資料館だより㊼「菅神画像」

岩槻藩藩校である遷喬館の創始者である「児玉南柯」は、岩槻藩の藩士であり、江戸時代後期の儒学者、教育者として、よく知られています。
この児玉南柯の遺品は、昭和四八年四月、南柯の子孫の方から、岩槻市教育委員会(当時)に寄贈されました。
すでに埼玉県有形文化財に指定されていた「児玉南柯日記及び関係書籍」を補充する資料として昭和五三年三月二九日に市の有形文化財に指定されました。
その内容は、遷喬館・勤学所の扁額、菅神画像、児玉南柯自画像などの他、県指定文化財に欠けている豊氏略記(一)、山東創業録(九)を含み、岩槻藩教学に関わる貴重な史料となっています。
今回はこれらの中から「天神画像」を紹介します。
この画像は、「享和四甲子年二月二十五日 遠江守藤原久周書寫」とあり、上総国一宮藩主加納久周(ひさのり)によって享和四年(一八〇四)に描かれたものです。
「児玉南柯日記」によれば、翌年の文化二年(一八〇五)三月一六日にこの画像を久周から賜り、学舎の鎮守とし、六月二五日に落成されたばかりの菅神祠の壁にこの画像がかけられたことが分かります。
南柯は享和元年(一八〇一)、伏見奉行に就任した久周の招きで京都・奈良・大阪方面を遊行しました。
その際、伏見で南柯が「学館の鎮守の神」を祀りたいことを久周に伝え、久周がこれに賛同し筆を執ることになりました。
賛は、菅原道真の後裔である高辻家に、道真の神詠から一首の選定を依頼し、久周の筆で添えられたものです。
加納久周は岩槻藩主大岡忠光の子で、幼少の頃、南柯が素読の師となりました。
加納家の養子に入った後にも、南柯の学徳を慕い、主従の関係を越え、永く交流がもたれました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2020-5-25

    コロナで使えるLINEスタンプ

    コロナで使えるLINEスタンプ 医療関係者に感謝、テレワークで使えるLINEスタンプの紹介です! …
  2. 珠花散骨

    2020-2-27

    春日部小淵山観音院にお参りの出来る散骨OPEN!

    お参りの出来る散骨OPEN! 春日部で由緒ある小淵山 正賢寺 観音院にて珠花散骨とペットの合祀墓、…
  3. WEBらうんじ出店希望

    2019-6-10

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★[conta…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間で…
  2. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  3. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  4. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  5. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る