岩槻郷土資料館だより⑯  「貝塚で発掘された貝」

岩槻郷土資料館の1階奥にある「大昔の生活」という展示室へ入ると、左側に「貝塚の模型」があります。
これは、区内にある「掛貝塚」などから発掘された貝などを展示しているものです。
掛貝塚は、岩槻区の北部にある貝塚で、1976(昭和51)年11月から12月にかけて発掘調査が行われ、縄文時代の住居跡5軒、弥生時代中期の住居跡1軒などが発見されました。
このうち縄文時代の住居跡3軒に貝塚がみられました。
展示してある貝は、カキやハイガイを中心にハマグリ、アサリ、オオノガイ、ハナグモリ、アカニシなどがあります。
これらはおそらく縄文人たちがこの付近で採取し、食料としたものと考えられ、当時の食生活の一端を知ることができます。
また、こうした海の貝が採取されたことは近くまで海の影響が及んでいたことがわかり、さらに細かく見ていくとそれぞれの貝の生息域などから周辺の環境も知ることができます。
また貝塚からは貝のほか、イノシシやシカなどの獣骨、クロダイ・スズキ・コイ・ウナギなどの魚骨などが発見されることもあります。
こうした資料から当時の狩猟・漁労活動などを知ることができ、その発見される状況から動物などに対する縄文人のまつりの様子なども知ることができるともいわれています。
貝塚は、縄文人たちの単なるゴミ捨て場ではなく、当時のさまざまな情報を数千年たった現在に伝えてくれる貴重な場所であるといえます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る