岩槻郷土資料館だより⑩『美術資料としても価値ある板碑遷喬館など市内にも収蔵』

板碑は、鎌倉時代から戦国時代につくられた石塔で、全国的にみることができます。
埼玉県では昭和51年から行われた埼玉県教育委員会による悉皆調査の結果、2万201基が確認されています。
県内の板碑は、長瀞町や小川町などで採れる緑泥片岩と呼ばれる板状にはがれ、加工しやすい石材が使われています。
そのため美術的に優れたものもあり、文字資料の少ない中世においては、歴史資料としても価値も高く、時代を知るひとつの手掛かりにもなっています。  
通例、板碑は全体を板状に形づくり、頂部を三角形にし、仏を梵字で刻むことが多くみられますが、画像で表現するものもあります。
この他、造立の年代、供養者の名前、仏の功徳を賛美する真言・偈、願文、造立の趣旨などが刻まれています。
郷土資料館には、遷喬館でかつて保管していたものなど鎌倉時代末から室町時代の板碑20数基を収蔵しています。
現在展示している板碑は、区内黒谷にある遍照院の「地蔵画像板碑」で、基部などを欠いていますが高さ105センチ、幅33セン、応永11(1404)年の紀年銘と「義山忠公禅門」の供養者の名前が見られます。
主尊の地蔵菩薩は画像で表し、2つの台座(蓮台)に足を据えて立ち、右手に錫杖、左手に宝珠をもっています。
輪郭を彫り残す陽刻的な手法で表現され、14世紀後半から15世紀前半の画像板碑の優秀作例といえます。
なおこの板碑は、昭和49年9月に市の有形文化財(考古資料)に指定されています。

地蔵画像板碑拓本
地蔵画像板碑拓本

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 共栄大学ジャズサークル
    共栄大学ジャズサークル 紺野トリオ 「岩槻駅東口クレセント・モール」で平成30年…
  2. かみしもどーる
    清水勇人さいたま市長への贈呈式の様子 岩槻人形協同組合と文京学院大学との連携により誕生した…
  3. 朝顔市
    昨年開催の様子 平成30年7月1日(日)の午前9時から午後2時まで、岩槻駅東口クレセントモ…
  4. 元荒川と黒浜の田んぼ。 東岩槻の工業団地を西へ抜けると、蓮田市黒浜の田んぼが広がる。 元荒川( …
ページ上部へ戻る