岩槻の手づくり作家紹介 ロボットエンジニアから 装飾ガラスの世界に

産業用ロボット用コンピューターのエンジニアとしてヨーロッパに駐在中、ステンドグラスに魅了された若林茂人さん。
帰国後に技術を磨き、ステンドグラス作家へと転身し独立した。
東京都葛飾区に住んでいて10年ほど前に岩槻区に転居したのは、娘さんが芸術家として金属を叩いて作品作りをする工芸科鍛金専攻の大学に進む事になり、近隣への騒音対応がきっかけだったのだという。
人形のまち・岩槻は、娘さんにひな人形を買うために訪れるなど、かねてから親しみがあったという。
岩槻区宮町1丁目の御成道沿いに、ステンドグラス・アートグラスの工房「アトリエ・ビザビ」をかまえて、公共施設や商業施設などの大型作品だけでなく、一般家庭の窓ガラスや照明器具、アートグラスなど、お客様の注文に応じたデザインの作品を手作りで届けている。
最近は、娘さんの鍛金と父親のアートグラスを組み合わせたミックスメディア・アート作品も提案するようになっていてたいへん好評だそうだ。
店内には、お手頃な価格帯の照明アクセサリーや素敵なペンダントも展示販売されていた。
ガラス工芸が道路に面して展示されているオシャレなお店なので、一度のぞいてみてはいかがだろうか。
【編集部・奥山】

アトリエ・ビザビ店内で

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2018-10-9

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム 掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★ [c…
  2. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 先に行われた「重陽の節句」イベントでは、市松模様の衣装を着た人形が展示されていましたが、2020年に…
  2. 2018/11/10

    コスモス祭り
    南下新井  コスモス祭り   (10 月20~21 日) 日本の秋の代表的な花にコスモスが…
  3. 釣上地区で行われた子どもたちの土俵入り 日本の国技である相撲。 岩槻にもその伝統を継ぐ行…
  4. 孔雀の舞尾羽根を広げて舞う 様子(写真提供:久伊豆神社) 宮町の久伊豆神社では、1938(…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る