岩槻の巨木(15) 「時の鐘のイチョウ」

今回は時の鐘のイチョウです。本町6丁目にある時の鐘のすぐ横に、幹周り4・75mの巨木があります。
このイチョウは、明治29年(1896)に開かれた岩槻城主大岡忠光の法要の時に植えられたと記録にありますので、樹齢は120〜130年になります。巨木の植えられた年が判明するのはたいへん珍しいことで、このイチョウに関しては樹齢がはっきりしています。
イチョウの実(銀杏)は良く知られていますが、イチョウも子孫を残すために花を咲かせています。
5月の連休の頃に、雄花も雌花も黄緑色で目立たない花を咲かせます。
風に運ばれた花粉が雌花に付き、雌花の中の花粉室で発芽して精子ができます。
その後、精子の成長を待って9月頃に精子が泳いで卵細胞に達し、ようやく受精して実が成長を始めるのです。
普通の植物は、このような精子が作られることはなく、精子を作るのはイチョウとソテツのみです。
この泳ぐ精子を世界で初めて発見(明治29年)したのが、日本人の平瀬作五郎でした。
時の鐘は寛文11年(1671)に岩槻城主阿部正春によって鋳造されましたが、ヒビが入って音色が悪くなったため、享保5年(1720)に岩槻城主・永井直陳によって改鋳されました。
明治維新後は、旧岩槻藩士の人々に鐘撞きが引き継がれたようです。
その後、大正3年(1914)からは時の鐘の隣に住んでいる倉持家が引き継ぎ、平成13年(2001)からは自動で撞かれるようになりました。
現在は、朝6時、昼12時、夕方6時の1日3回撞かれています。
【森林インストラクター・桂幸一】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2019-6-10

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★[conta…
  2. 2019-6-10

    福祉作業所「ふくふく」

    【参加予定】8/18㈰岩槻祭り(市宿通り) 8/31㈯目白大学流しそうめん地元の福祉作業所「ふくふく…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。 あなたの時間で あなたのペ…
  2. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  3. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  4. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  5. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る