寄稿 岩槻郷土資料館だより75 「遷喬館扁額」

今回紹介する「遷喬館扁額」は、絹地に「遷喬館」と書かれ、縦三六㎝、横八六㎝の額装になっているものです。左側の下には「己未 藤久慎書」と落款がみられます。干支などから寛政一一年(一七九九)遷喬館が設立された際、加納久慎(ひさちか)が自ら筆を執ったものであることがわかります。

加納久慎は、加納家の養子となった大岡忠光の次男、加納久周の子にあたります。久周は幼少のとき、江戸の大岡家藩邸で、児玉南柯を素読の師として、勉学に励みました。加納家に入ってからも南柯の学徳を慕い、享和四年(一八〇四)に自らが描いた菅神画像を文化二年(一八〇五)三月一六日に遷喬館へ送り、また伏見奉行在任中には、南柯を伏見に招くなど主従の関係を越え、永く交流がもたれました。また久慎は父と共に遷喬館や児玉南柯を援助し、天明八年(一七八八)、児玉南柯が部下のおこした事件で職を辞した際、南柯を弁護するための書簡を寄せています。

遷喬館を岩槻藩の藩校としたとされる大岡忠正も、加納久周の子であったことを考えると、加納久周親子の力が児玉南柯や遷喬館に対して、大きなものであったことがわかります。

この「遷喬館扁額」は、児玉南柯自画像、菅神図(加納久周画)、勤学所の額、短冊などと共に、昭和五三年三月二九日に県指定文化財である「児玉南柯日記及び関係書籍」、また岩槻藩遷喬館を補足する内容をもつ資料群として、岩槻市指定文化財(当時)になりました。
さいたま市と合併した後は、「さいたま市指定文化財」として引き続き保存が図られ、この「遷喬館扁額」は、岩槻郷土資料館で常時展示しています。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

インフォメーション

  1. 2024-6-12

    睡眠不足がもたらす健康リスクとは?⑤

    睡眠不足と認知症の関係 ・睡眠不足が認知症のリスクを高める可能性があるとされています。 -・睡眠…
  2. 2024-6-12

    仮設住宅の建設が進む石川県

     石川県内には、続々と仮設住宅が建設されています。 5月8日現在、5771戸の仮設住宅が着工されま…
  3. 2024-6-12

    柏崎小学校 PTA会長としての想い④

     2024年4月、柏崎小学校に大塚校長先生が着任され、新たな風が吹き始めています。 大塚校長先生は…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 今回は岩槻の地域活性化を目指して開催されていたリノベーションスクールと、その参加者で計画して今年オー…
  2. [caption id="attachment_22182" align="alignleft" w…
  3. 先回、ハンディキャップについて書きました。社会的不利です。 今回は、社会が人を不幸にするかもしれな…
  4. コロナ禍が終息に向かう昨今、引き続きテレワークや在宅勤務を続けている人も多いです。 3つあるテレワ…
  5. [caption id="attachment_22137" align="alignright" …
無料イラスト素材【イラストAC】

岩槻について

  1. 睡眠不足と認知症の関係 ・睡眠不足が認知症のリスクを高める可能性があるとされています。 -・睡眠…
  2. ぼくがいたずらすると怒られる。 ゲームをやりすぎても怒られる。 でも、ママの機嫌のいい時は怒られ…
  3. 2024/6/11

    今月の短歌
    しきなみ短歌、5月例会の高点歌(四首) 腕広げ 糸巻く 毛糸巻した 懐かしき 日のあり夫と 木綿…
  4.  岩槻区金重に住む藤園豊さんは、九州出身で音楽の世界を目指して上京した。 バンドを組んで活動し…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る