寄稿 岩槻郷土資料館だより75 「遷喬館扁額」

今回紹介する「遷喬館扁額」は、絹地に「遷喬館」と書かれ、縦三六㎝、横八六㎝の額装になっているものです。左側の下には「己未 藤久慎書」と落款がみられます。干支などから寛政一一年(一七九九)遷喬館が設立された際、加納久慎(ひさちか)が自ら筆を執ったものであることがわかります。

加納久慎は、加納家の養子となった大岡忠光の次男、加納久周の子にあたります。久周は幼少のとき、江戸の大岡家藩邸で、児玉南柯を素読の師として、勉学に励みました。加納家に入ってからも南柯の学徳を慕い、享和四年(一八〇四)に自らが描いた菅神画像を文化二年(一八〇五)三月一六日に遷喬館へ送り、また伏見奉行在任中には、南柯を伏見に招くなど主従の関係を越え、永く交流がもたれました。また久慎は父と共に遷喬館や児玉南柯を援助し、天明八年(一七八八)、児玉南柯が部下のおこした事件で職を辞した際、南柯を弁護するための書簡を寄せています。

遷喬館を岩槻藩の藩校としたとされる大岡忠正も、加納久周の子であったことを考えると、加納久周親子の力が児玉南柯や遷喬館に対して、大きなものであったことがわかります。

この「遷喬館扁額」は、児玉南柯自画像、菅神図(加納久周画)、勤学所の額、短冊などと共に、昭和五三年三月二九日に県指定文化財である「児玉南柯日記及び関係書籍」、また岩槻藩遷喬館を補足する内容をもつ資料群として、岩槻市指定文化財(当時)になりました。
さいたま市と合併した後は、「さいたま市指定文化財」として引き続き保存が図られ、この「遷喬館扁額」は、岩槻郷土資料館で常時展示しています。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

インフォメーション

  1. 2024-2-11

    睡眠不足がもたらす健康リスクとは?

    ここ最近、異常気象の影響か、体調を壊す人が増えてます。 「一度起きると寝れない」とか、「睡眠導…
  2. 2024-2-11

    断水に苦しむ能登地震の被災地

    「元旦の大きな揺れで、避難所となっているこの体育館に駆け込んだ。でもここには水も食料もなかった。 …
  3. 2024-2-11

    「まちあわせ」

    まちづくりユニット「まちあわせ」が岩槻のさまざまなまちづくりを紹介するこのページ。今回も岩槻区内で活…

『らうんじ』からの募集・告知

  1.  今回は、すぐさま命に別条があるわけではないので、服薬治療を続ければ天寿を全うできるけれども、かなり…
  2. イベント情報
    心のときめきを自分の言葉で短歌にしてみましょう。 【日時】3月17日(日)13:30 から 15:…
  3. イベント情報
    皆さんの人生は「選択」の連続だったに違いありません。 日々の選択は何を基準にし…
  4. イベント情報
    ◇史跡めぐり「中山道鴻巣宿を歩く」 【日 時】 3 月 3 日(日) 午前中 【集 合】 岩槻駅…
  5. イベント情報
    岩槻区を中心として市民活動に関心のある方など様々な立場の人が気軽に集まり、岩槻をより活性化させるため…

岩槻について

  1. ◆図形の問題  色のついた三つの正三角形があります。図のように頂点同士を線分で結んだときにできる三…
  2. イベント情報
    下山静香(ピアニスト)が魅せる「中南米名曲コレクション」昨今注目度 が上がってきた中南米のクラシッ…
  3. 健康でいるために、どの様な運動がいいの? 有酸素運動(有酸素エクササイズ) 有酸素運動は 、心肺…
  4. 運動が健康によい理由【前編】 健康的な運動は、健康な生活をサポートする大切な要素です。 自分の目…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る