寄稿 三世代ふれあい 小玉スイカとジャガイモ栽培

 大栄住宅ふれあいの会(シニア層)と、子供会がコラボして小玉スイカとジャガイモ作りに挑戦しました。
ジャガイモ栽培は今年で4年目、小玉スイカは今年初めての挑戦です。

 ジャガイモは、キタアカリ(昨年は赤いデストロイアー)という種類を3月に植え付けして、5月の連休明けに芽欠きと追肥を行いました。
収穫は7月初めの暑い日に3世代の40数名が参加。
栽培面積の大部分を小玉スイカに充てたため、ジャガイモは昨年より作付け面積減少となりましたが、思っていた以上の個数を皆さんで分配しました。
子供たちも芋掘りには喜んで参加し、大きなイモを掘り当てた時には歓声を上げていました。

 小玉スイカは、狭い作付け面積に30本の苗を植えるため空中栽培としました。
まだ寒い2月下旬に子供たちを含めて十数人の参加を得て、竹藪から15の棚を組むための竹を切り出しました。
連休明けの5月、富士山の形をした苗床を30個作り30本の苗を植え付けし、また棚を作るための支柱を立てました。

 1カ月以内に枯れたものが5本、これはモグラが穴を掘り根から栄養分を吸収できなくなったものと後で分かりました。
6月には全員が集まりジャガイモの収穫と一緒にスイカの人工受粉を子供たちも一緒にしましたが、同時に収穫適期の40日後の日付けを書いた札を個々に付けました。その後60個くらいがピンポン玉くらいにまで成長したものの成長不良のものがあったり、また周囲にカラスとハクビシンよけのネットを張り巡らしましたが、食べ頃になった10数個が被害にあいました。

 8月上旬、子供会の親子とふれあいの会の皆さんが集合して、思った以上にずっしりと重く甘いスイカを約40個を収穫することができました。
子供たちも自分たちの顔と大きさを比べながら楽しんでいました。
皆さんもスイカの栽培と収穫は初めての経験で楽しかったと大喜びでした【妹尾、建持】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

インフォメーション

  1. 2024-6-12

    睡眠不足がもたらす健康リスクとは?⑤

    睡眠不足と認知症の関係 ・睡眠不足が認知症のリスクを高める可能性があるとされています。 -・睡眠…
  2. 2024-6-12

    仮設住宅の建設が進む石川県

     石川県内には、続々と仮設住宅が建設されています。 5月8日現在、5771戸の仮設住宅が着工されま…
  3. 2024-6-12

    柏崎小学校 PTA会長としての想い④

     2024年4月、柏崎小学校に大塚校長先生が着任され、新たな風が吹き始めています。 大塚校長先生は…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 今回は岩槻の地域活性化を目指して開催されていたリノベーションスクールと、その参加者で計画して今年オー…
  2. [caption id="attachment_22182" align="alignleft" w…
  3. 先回、ハンディキャップについて書きました。社会的不利です。 今回は、社会が人を不幸にするかもしれな…
  4. コロナ禍が終息に向かう昨今、引き続きテレワークや在宅勤務を続けている人も多いです。 3つあるテレワ…
  5. [caption id="attachment_22137" align="alignright" …
無料イラスト素材【イラストAC】

岩槻について

  1. 睡眠不足と認知症の関係 ・睡眠不足が認知症のリスクを高める可能性があるとされています。 -・睡眠…
  2. ぼくがいたずらすると怒られる。 ゲームをやりすぎても怒られる。 でも、ママの機嫌のいい時は怒られ…
  3. 2024/6/11

    今月の短歌
    しきなみ短歌、5月例会の高点歌(四首) 腕広げ 糸巻く 毛糸巻した 懐かしき 日のあり夫と 木綿…
  4.  岩槻区金重に住む藤園豊さんは、九州出身で音楽の世界を目指して上京した。 バンドを組んで活動し…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る