寄稿 三世代ふれあい 小玉スイカとジャガイモ栽培

 大栄住宅ふれあいの会(シニア層)と、子供会がコラボして小玉スイカとジャガイモ作りに挑戦しました。
ジャガイモ栽培は今年で4年目、小玉スイカは今年初めての挑戦です。

 ジャガイモは、キタアカリ(昨年は赤いデストロイアー)という種類を3月に植え付けして、5月の連休明けに芽欠きと追肥を行いました。
収穫は7月初めの暑い日に3世代の40数名が参加。
栽培面積の大部分を小玉スイカに充てたため、ジャガイモは昨年より作付け面積減少となりましたが、思っていた以上の個数を皆さんで分配しました。
子供たちも芋掘りには喜んで参加し、大きなイモを掘り当てた時には歓声を上げていました。

 小玉スイカは、狭い作付け面積に30本の苗を植えるため空中栽培としました。
まだ寒い2月下旬に子供たちを含めて十数人の参加を得て、竹藪から15の棚を組むための竹を切り出しました。
連休明けの5月、富士山の形をした苗床を30個作り30本の苗を植え付けし、また棚を作るための支柱を立てました。

 1カ月以内に枯れたものが5本、これはモグラが穴を掘り根から栄養分を吸収できなくなったものと後で分かりました。
6月には全員が集まりジャガイモの収穫と一緒にスイカの人工受粉を子供たちも一緒にしましたが、同時に収穫適期の40日後の日付けを書いた札を個々に付けました。その後60個くらいがピンポン玉くらいにまで成長したものの成長不良のものがあったり、また周囲にカラスとハクビシンよけのネットを張り巡らしましたが、食べ頃になった10数個が被害にあいました。

 8月上旬、子供会の親子とふれあいの会の皆さんが集合して、思った以上にずっしりと重く甘いスイカを約40個を収穫することができました。
子供たちも自分たちの顔と大きさを比べながら楽しんでいました。
皆さんもスイカの栽培と収穫は初めての経験で楽しかったと大喜びでした【妹尾、建持】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2024-2-11

    睡眠不足がもたらす健康リスクとは?

    ここ最近、異常気象の影響か、体調を壊す人が増えてます。 「一度起きると寝れない」とか、「睡眠導…
  2. 2024-2-11

    断水に苦しむ能登地震の被災地

    「元旦の大きな揺れで、避難所となっているこの体育館に駆け込んだ。でもここには水も食料もなかった。 …
  3. 2024-2-11

    「まちあわせ」

    まちづくりユニット「まちあわせ」が岩槻のさまざまなまちづくりを紹介するこのページ。今回も岩槻区内で活…

『らうんじ』からの募集・告知

  1.  今回は、すぐさま命に別条があるわけではないので、服薬治療を続ければ天寿を全うできるけれども、かなり…
  2. イベント情報
    心のときめきを自分の言葉で短歌にしてみましょう。 【日時】3月17日(日)13:30 から 15:…
  3. イベント情報
    皆さんの人生は「選択」の連続だったに違いありません。 日々の選択は何を基準にし…
  4. イベント情報
    ◇史跡めぐり「中山道鴻巣宿を歩く」 【日 時】 3 月 3 日(日) 午前中 【集 合】 岩槻駅…
  5. イベント情報
    岩槻区を中心として市民活動に関心のある方など様々な立場の人が気軽に集まり、岩槻をより活性化させるため…

岩槻について

  1. ◆図形の問題  色のついた三つの正三角形があります。図のように頂点同士を線分で結んだときにできる三…
  2. イベント情報
    下山静香(ピアニスト)が魅せる「中南米名曲コレクション」昨今注目度 が上がってきた中南米のクラシッ…
  3. 健康でいるために、どの様な運動がいいの? 有酸素運動(有酸素エクササイズ) 有酸素運動は 、心肺…
  4. 運動が健康によい理由【前編】 健康的な運動は、健康な生活をサポートする大切な要素です。 自分の目…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る