ペットの野良猫、モンタ物語 「僕は捨て猫、モンタです」49話

 

ペットの野良猫、モンタ物語「僕は捨て猫、モンタです」第49回(最終話)
ペンネーム キカン坊


 

座布団の上で寝ている様に見えたトラ模様のネコに声をかけても全然動きません。
無精ひげのおじさんはそっと近づいて触ってみて、そのネコはすでに死んでいる事を知りました。
猫の寝顔は何とも幸せそに少し笑っているようにさえ見えました。
その部屋の横の壁には久子ちゃんからモンタに書いた手紙が貼ってあります。
無精ひげのおじさんはそれに気付いて黙って読んでいました。
ちょっと鼻をこすりながら「そうか、おまえモンタって言うんだ、良い名前だな。今までご苦労さんだったね、ゆっくり休みな」両手でやさしく座布団と一緒にモンタを持ち上げ、ゆっくりと外に出ました。
敷地の隅に植えてある梅の木の下に行って作業員に声を掛け、根元に大きな穴を掘らせ平らにさせました。
座布団に寝たままのモンタを穴の底にそっと置き、壁に貼ってあった久子ちゃんからの手紙を持ってこさせて、寝ているモンタの上に掛けてあげました。
それからゆっくり土を被せ、埋め終わって少し盛り上がった所の真ん中に、丁度モンタの大きさ位の庭に有った石を探して来て置いてあげました。
「あの梅の木は切らないで残すからな、忘れんなよ。」無精ひげのおじさんは、作業員に大きい声で言いました。
久子ちゃんと楽しく過ごした思い出の家は、5日で解体されて平らに整地された敷地の隅には、梅の木一本だけが残されていました。
大好きな久子ちゃんの匂いがいっぱい染み込んでいる座布団に寝て、久子ちゃんからの思いのこもった手紙に包まれ土の中に入ったモンタは、冬眠動物が次の春を待つための眠りについたような、しかし目を覚ますことのない永遠の深い眠りについたのです。
きっと、久子ちゃんとの初めての出会いや、ひとり残されて頑張ってきた日々、おもしろいおっちゃんや、やさしいおばちゃんとのこと、近所のオス猫とのケンカで怪我したことや久子ちゃんが逢いに来てくれた事など、永遠の眠り中できっと思い出していることでしょう。
チチチィ、チチチィ、小鳥が飛んできました。
小鳥が止まった梅の木は、 葉っぱをすっかり落とし、春の準備をしています。
枝のつぼみも確実に大きくなってきています。
梅の木の根元には猫の大きさくらいの石が置いてあり、その廻りにはスイセンの芽が土から顔を出しています。
春になれば廻りは花でいっぱいになる事でしょう。
平らにされた敷地には、その後すぐにかわいい 家が建ちました。
梅の木の位置からは、朝日が当たる南側の窓を通して部屋の中の様子が良く見えます。
家の中では、小さな女の子とモンタに似た子猫が楽しそうに遊んでいます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る