コラム「市民活動」3回シリーズ 第2回「多くの区民にアピールできた目白大生の声」

平成29年10月15日(日)に開催された「第13回やまぶきまつり」では、目白大学の学生による「岩槻への関心度調査(7月調査実施、学生242名対象)」を2枚にまとめブースに展示した。
調査結果は「岩槻の行事」や「市民活動」などに分けられており、当日は会場を訪れた市民と学生による意見交換も行われた。
午前中は市長や市議会の議長、岩槻区長も交えた市民ととの意見交換にはじまり、午後には中学生や高校生との交流を図る「若い広場」を開催。その合間には、大学生が各ブースを巡りインタビューで約80名の声を集めることができた。
調査では「9割以上の方が岩槻を好き」だという結果が出て、学生からはその事実が印象的であるという意見もあった。
そこで当日に寄せられたさまざまな声を、今回は紹介していこう。

【NPO法人 岩槻まちづくり市民協議会 理事長・栗原保】

岩槻まちづくり市民協議会と目白大学生
■岩槻の行事
岩槻区内の行事を知っているのは半数弱。興味を持っているのは3人に1人で、何らかの行事に参加したいと考えているのは半数以上。実際に訪れたことがある人は5人に1人。興味があるイベントは「食のイベント」や「桜まつり」、「音楽イベント」。大学生では1年生が高く、学年が上がるにつれ低下する。
■岩槻の市民活動
市民活動に興味があるのは5人中3人の割合(1年生は7割以上)。「歴史文化」への興味では半数以下と低いが、「福祉の市民活動」には2人に1人が興味を持っている。
■岩槻のよい所
岩槻は自然や田舎風で緑があり静か。住んでいる人が温かいしお年寄りにやさしい街。子育てがしやすい。大宮へ比較的すぐ出られるのが便利 など…
■改善してほしいこと
交通アクセスが悪い。街灯が少なく夜道が怖い。病院が少ない。最近スーパーがつぶれるのは心配 など…
■若者の声として
夏の岩槻まつりにスイカ割りと魚つかみを企画、参加した。鷹狩りイベントに参加したことがある。若者が参加し活気を出すためには、絶叫系アトラクションのある遊園地や水族館、ゲームセンターを造るのはどうか。駅前にファストフード店やフードコートがあればいいのに…。お風呂カフェや猫カフェあれば人気が出るかも など…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2018-10-9

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム 掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★ [c…
  2. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る