にこにこ日和 「葉桜の頃」

私たちは、今という瞬間を生きています。
今、自分の浮かんだ思いを、そのまま言葉にすることが、とても困難な社会になっているように感じています。
私たちが、心に描く思いの形は無限です。
自分自身の記憶や誰かの心と繋がり合っているように私は思うのです。
ぽたり、ぽたりと、落ちてくる雫のよう。
風が吹けば散っていく、桜の花片のよう。
何の前触れもなく、降ってくる雨のよう。
雨上がりの空に映る虹のスペクトルのよう。
私が生きる世界は、善と悪、肯定と批判、白と黒のモノクロの世界ではありません。
例えば、虹の色は、日本では一般的に7色であるといわれています。
しかし、物理学の視点では、そこには無限の色の繋がりがあるのです。
太陽光のスペクトルは連続していて、連続する物を「数える」事はできないから、そこに、無限の世界が生まれるのです。
私が生きる世界は、善と悪、肯定と批判、白と黒だけのモノクロームの世界ではありません。
桜は、花芽のままで眠りにつき、秋に葉が落ちたあと、冬の寒い空気にさらされ徐々に眠りから目覚めていく。
その後、気温がだんだんと高くなると、花芽が大きくなって、ちょうど春に、花が咲くのだと言います。
私は、葉桜に変わる頃の花と葉の彩りに生命の美しさを感じます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る