【岩槻の巨木】

神社やお寺に行くと時々、大きな木を見ることがあると思います。
神社の大きな木は「御神木」と呼ばれることが多く、天から神様が降りて来る、あるいは神様が宿る木とされています。
神社に限らず、昔から大木は神秘的な存在なのか、神や仏と結びつけられることが多いようです。
このような大木について、環境省は1988年と2000年に2回、全国規模の調査を行ってきました。
地上130cmの位置で幹周りが300cm以上の樹木が対象で、巨木と呼んでいます。
この結果、全国で約6万4000本の巨木が見つかっています。
もっとも大きなものは鹿児島県のクスノキで、幹周り24・22m、埼玉県内で最大のものは越生町のクスノキで幹周りは15・0mでした。
岩槻区でも25本の巨木が見つかりましたが、私の感覚では「そんなに少ないわけがない」という思いがあったので、自分で調べてみることにしました。
その結果、3年前の冬に巻き尺とカメラを持って調べたところ、約80本の巨木が見つかりました。
しかし、最近は巨木が生存するのが難しい時代になっています。
岩槻区の25本の巨木のうち数本は、雷による倒木や人為的な伐採でなくなっていました。
巨木になるには数百年の時間を要します。
現在、人類の未来に残そうと世界遺産や日本遺産への登録活動が行われ、毎年何件もの景観や施設等が指定されています。
巨木も未来に残していくべき身近な遺産として扱う必要があるのではないでしょうか。
次回から岩槻の巨木について、私のお気に入りの巨木を紹介していきたいと思います。
【森林インストラクター・桂幸一】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る