「コミュニティの変容 60年代と現代の差」

読者の方々は「コミュニティデザイン」という言葉をご存知だろうか。
1960年ごろから使われているため、一度は聞いたことがある方もいるかもしれない。
しかし、現代での意味合いは当時とやや異なる。
現代的な解釈を理解するためには、一度「コミュニティデザイン」という言葉を分解する必要がある。
初めの「コミュニティ」は、地域社会や共同体を意味している。
続く「デザイン」は、ある課題を解決するための設計または設計にもとづき他者へ向けて表現をすることを示している。
つまり、どう見えるか感じるかが重要ではなく、どのようにして解決まで導くかが大切なのだ。
ではなぜ、1960年頃とは解釈が変わってきたのか。
理由にあるのは「コミュニティ」そのものが持つ課題の変容だ。
戦後の日本では広く「ニュータウン」と呼ばれる、都市郊外型の大規模な住宅供給がおこなわれた。
これによって従来は人が住んでいなかった場所に、多くの人たちが密集して暮らすようになった。
さらに、住環境が変化するにつれて、コミュニティーセンターのような人がつながる空間や施設を併せて整備する必要があった。
しかし、行政が一方的に整備した施設では住民のニーズに合わないものもあり、利用しづらく使われなくなってしまうものもあった。
そのため1980年以降には、住民の意向を取り入れた住民参加型の施設デザインが行われ、時代の課題解決するべく各地の空間や施設が整備されていった。
そして、2000年代に入ってからは、新規の「ハコモノ事業」が少なくなっていった。
少子高齢化により人口も減少してきたため、自治体の財政はどんどん厳しくなることも予想される。
では、何をすべきかといえば「モノを作らずに『コミュニティデザイン』をする必要があるということだ。
例えば、すでにある公園を面白くするために何かをしようといった、テーマ型の人のつながりを生み出すことが今後のコミュニティの在り方になるのではないかと憂う。
【さいたま市若者会議 代表・尾舘祐平】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2019-6-10

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★[conta…
  2. 2019-6-10

    福祉作業所「ふくふく」

    【参加予定】8/18㈰岩槻祭り(市宿通り) 8/31㈯目白大学流しそうめん地元の福祉作業所「ふくふく…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間で…
  2. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  3. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  4. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  5. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る