風味も楽しめる いりごまを使ったおにぎり

こんにちは。タマコチの店長ミナです。
春ですね。
ピクニックやお花見など、外でごはんを食べる季節になりました。
外で食べるごはんといえば、定番なのはやっぱりおにぎりですよね。
今回は、栄養価の高い「ごま」の入ったおにぎりとご紹介します。
ごまは主に鹿児島県、茨城県、沖縄県などで生産されています。
一方で、99・9%は輸入だといわれます。
黒ごま、白ごま、金ごまとありますが、栄養的にはほとんど差はないとされています。
栄養素としては、カルシウム、マグネシウム、鉄、リン、亜鉛等のミネラルが多く含まれ、骨粗しょう症や貧血の改善に効果も期待されます。
さらに、タンパク質、食物繊維、ナイアシン、ビタミンA、B1、B2、B6、ビタミンEやヨウ酸も豊富に含まれています。
脂質はオレイン酸、リノール酸が80%を占め、タンパク質も豊富に含み、コレステロールを抑制してくれるというすばらしい食品です。
いりごま、ねりごま、すりごま、ごまドレッシング、ごま油と、素材も食べ方も種類もたくさんありますね。
それでは、いりごまの入ったおにぎりの作り方を紹介しましょう。

【レシピ】
「いりごまのおにぎり」
【材料(6個分)】
・いりごま
・ちりめんじゃこ
・ちぎったのり削りかつおぶし
・しょうゆ
分量はいずれもお好みでOK♪
【作り方】
①油をひかずに、いりごまとちりめんじゃこをフライパンで炒る。
②ごはんに先ほどのいりごまとちりめんじゃこのほか、かつおぶしとのりを加えて混ぜる。
③しょうゆをたらし、さらに混ぜる。
④ラップを使って、おにぎり型にすれば完成♪

ほかにも、大葉や塩漬けした大根の葉やかぶの葉をきざんでまぜてもおいしいです。
しょうゆをぬってフライパンで焼く焼きおにぎりもおススメ。
白いごはんとプチプチした香ばしいごまとしょうゆ味の風味が「日本人でよかった〜」と思わせてくれる一品。
青空の下でぜひ味わってみてください!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る