苦手な方にもオススメ しいたけ入りのそぼろご飯

こんにちは。タマコチの店長ミナです。
暑くて長かった夏も終わり暦は秋になりましたね。
さて、秋はきのこが美味しい季節です。
しいたけ、まいたけ、えのきたけ、なめこ、しめじ、マッシュルーム、そして、めったに食べられない松茸と、食用きのこも種類が豊富です。
焼いたり、鍋に入れたり、ソテーにしたり。
料理のバリエーションも様々で、とても便利な食材です。
その中で今回ご紹介するのは「しいたけ」。
日本でしいたけを食べるようになったのは、室町時代から、栽培が始まったのが江戸時代とされています。
しいたけはビタミンB群が多く含まれ、おひさまに当てると、しいたけに含まれているエルゴステロールが、骨の形成に欠かせないビタミンDへと変化します。
カルシウムと一緒に摂ると、骨粗鬆症を予防する効果があります。
旬の時期は年2回。
春(3月~5月)は身がしまってうまみがあり、秋(9月~11月)は香りがいいです。
子供がきのこを食べない。
大きいとかみにくくて食べられない。
今回は、そんな方でもおいしくたっぷり食べられる「しいたけ入りそぼろごはん」をご紹介します。

<レシピ>
しいたけ入りのそぼろご飯
【材料】
しいたけ(2~3個)
豚ひき肉(200g)
焼き肉のタレ(お好みで適量)
ごはん
いりごま(少々)
きざみ海苔
目玉焼き

【作り方】
1)中火でフライパンを熱し、油をひかずにポロポロになるまで豚肉をいためる。
2)肉の色が変わったら、あらみじん切りにしたしいたけを入れていためる
3)弱火にしてお好みの焼き肉のタレを回かけ、なじんだら火を止める。
 ※肉をいためた時に水分が出たら、キッチンペーパーで吸いとってください。
4)ごはんに(3)をかけ、いりごま、きざみ海苔、目玉焼きを乗せたら完成♪

しいたけは食べる1~2時間ほど前から干しておくのがオススメ。
今回紹介したメニューは食べやすくて栄養もたっぷり、お弁当に入れてみるのもいいですね。
余ったら冷凍保存もできます。
解溶してチャーハンの具材にしてもおいしいので、ぜひお試しください!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る