風信人の旅 宮代町 町のシンボル進修館

進修館と円形広場
進修館と円形広場

東武線の東武動物公園駅で下り、南へ続く通りを200メートルほど歩くと右手には赤紫の抑えた色調の建物が見える。
町のシンボル、進修館だ。
最初の信号を渡ると、右手が広場で、左手に建物の入口がある。
中に入ると長い廊下が右にゆるくカーブしながら弓なりに続いている。
廊下には、ぶどうをデザインしたタイルが見られた。
廊下の左手は、いくつかの部屋に分かれている。
進修館は、サークルなどが利用できるコミュニティセンターだ。
象設計集団による設計で昭和55年に竣工した。
建物の外装や廊下、部屋のテーブルにぶどうの意匠が見られるのは、町の特産品が、ぶどうだからだろう。
建物の南側は、ぶどう棚が設けられ今年も棚いっぱいに巨峰がなった。
2階はオープンスペースで、コーヒーコーナーもある。
北側の窓の向こうは円形の芝生広場だ。
広場に出て、中心付近までゆっくり下りてゆく。
振り返ると、進修館の建物がひろばを包み込むように建っていた。
演奏会などで使われる小ホールも独特の形状だ。
直線的な利便性を超え、「人間」に寄り添った、ゆるやかさがここにはある。
建物自体が芸術作品である。
(第67回)

進修館のぶどう(巨峰)

 

風信人の旅 宮代町 町のシンボル進修館 プラス
町役場と円形広場

進修館に隣接するのは町役場。三階建ての木造の建物だ。
もとは進修館の広場がある土地に建っていた。
移築によって、円形の広場(空間)が生まれ、進修館の建物が引き立った。
広場は町民まつりの会場になったり、クリスマスにはキャンドルが灯されたりする。
普段は町民の憩いの場だ。
進修館の建物と円形広場は、若い人も引き付けている。
(第43回)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 共栄大学ジャズサークル
    共栄大学ジャズサークル 紺野トリオ 「岩槻駅東口クレセント・モール」で平成30年…
  2. かみしもどーる
    清水勇人さいたま市長への贈呈式の様子 岩槻人形協同組合と文京学院大学との連携により誕生した…
  3. 朝顔市
    昨年開催の様子 平成30年7月1日(日)の午前9時から午後2時まで、岩槻駅東口クレセントモ…
  4. 元荒川と黒浜の田んぼ。 東岩槻の工業団地を西へ抜けると、蓮田市黒浜の田んぼが広がる。 元荒川( …
ページ上部へ戻る